Srieko Holidays (Pvt) Ltd
観光スポット
スリランカ西部にひろがる海岸線は北部を除き、古くからリゾート地として開発されてきました。避寒地やバカンスの訪問地としてヨーロッパ各国の人々には、その美しい海岸線と、そこに住む人々のおおらかさから絶大の人気を誇り、一年を通して多くの人が訪れるスリランカの一大リゾート地域となっています。ベストシーズンは11月から4月、それ以外の季節はモンスーンの影響があり海が荒れるためマリンスポーツを楽しみたい方はベストシーズンの訪問をお勧めします。
ニゴンボ
(旅行ベストシーズン:11~4月)
Negombo-The-Beach
コロンボ
(旅行ベストシーズン:オールシーズン)
Colombo
カルタラ
(旅行ベストシーズン:11~4月)
Kalutara
ベルーワラ
(旅行ベストシーズン:11月~4月)
Beruwala
アルッガマ&ベントタ
(ベストシーズン:11~4月)
Aluthgama   Bentota
アンバランゴダ Ambalangoda
ヒッカドゥア
(旅行ベストシーズン:11~4月)
Hikkaduwa
 
  

   
南海岸 スリランカ南に広がる海岸線は、コロンボからかなり時間もかかることから足を延ばしづらいエリアですが、今もワイルドさが色濃く残り、スリランカならではの魅力が楽しめるパラダイスです。
世界最大の哺乳動物シロナガスクジラ見物(時期限定11月~4月)や、海岸線に広がるウミガメの産卵地、豹やゾウなどの野生動物を見るサファリツアーなど、他ではなかなかできないアトラクションが盛りだくさんです。
「クジラや豹は見てみたいけれど、アクセスに時間がかかるのではちょっと・・」と思っていらっしゃる旅行者、特に休暇の短い日本人にとって、朗報があります。
2009年に内戦が終わった後、進められてきた南部への高速道路が一部区間、20117月にも開通する予定とのこと。
このことで南海岸への交通の便は、以前とは比べられないほど、驚くほどよくなります。 まさに今年が旬のハイライトポイントと言えるでしょう。是非この機会をお見逃しなく!!
  
ゴール
*ユネスコ世界遺産(1988年)
Galle Down South
マータラ Matara Down South
ディックエラ Dikwella ハンバントタ Hambantota
ティッサマハーラーマ Tissamaharama  
  

   
南部 スリランカ南部は、文化三角地帯や中央高地また南西部海岸線が有名なため、日本人にはあまり知られていない場所ですが、大自然、文化、産業とスリランカを代表するアクティビティーがそろった地域です。中央高地と南海岸の間に位置していますので、そちらへご訪問の際はぜひ足を延ばしてみて下さい。特にスリランカの固有種が多々生息するシンハラジャ森林保護区(SINHARAJA FOREST)*UNESCO世界遺産(1988年)は学術的にも貴重な自然遺産となっており弊社のお勧めです。
  
カタラガマ kataragama ブドゥルワガラ Buduruwagala
ラトゥナプラ Rathnapura シンハラジャ森林保護区 *UNESCO世界遺産(1988年) Sinharaja Forest
  

   
スリランカ中央高地 スリランカの中央高地は、キャンディ(Kandy)北部のナクルス保護林(Knuckles conservation Forest)からヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)以南のホートンプレインズ&ワールズエンド国立公園(Horton Plains & World's End)、ピークワイルダネス保護区(Peak Wilderness Protect Area)の広い地域を指します。
その自然の美しさとスリランカの固有種が多いという貴重さがユネスコに認められ、20107月、世界遺産に登録されました。文化三角地帯(世界遺産)と合わせスリランカの魅力を十二分にご堪能下さい。
  
キャンディー *ユネスコ世界遺産(1988年) Kandy マータレー Matale
ヌワラエリヤ Nuwara Eliya ホートンプレインズ&ワールズエンド horton plains
ハプタレー Haputale バンダーラウエラ Bandarawela
エッラ Ella バドゥラ Badulla
スリーパーダ *アダムスピーク(ADAM'S PEAK) sri padaya  
  

   
文化三角地帯 スリランカ中央に位置し、聖地アヌラーダプラ(Anuradhapura)、古代都市ポロンナルワ(Polonnaruwa)、聖地キャンディ(Kandy)(いずれも世界遺産)を結んだ3角形の内側を「文化三角地帯」と呼んでいます。
文字通り数多くの文化遺跡があり、歴史的、文化的、美術的において非常に重要な意味合いを持ちます。
加えて、その三角形の内側に位置する、古代都市シギリヤ(Sigiriya)、そしてダンブッラ(Dambulla)の黄金寺院もユネスコ世界遺産に指定されています。
このように、この地域は壮大な仏教遺跡群となっていて、古代文化遺跡を一目見ようと世界中から人々が集まってきます。
  
アヌラーダプラ *ユネスコ世界遺産(1982年) Anuradapura ミヒンタレー Mihintale
ポロンナルワ *ユネスコ世界遺産(1982年) Polonnaruwa シギリヤ *ユネスコ世界遺産(1982年) Sigiriya
ダンブッラ *ダンブッラ石窟寺院:ユネスコ世界遺産(1991年)  Dabulla クルナーガラ Kurunegala
ヤーパフワ Yapahuwa  
  

   
東海岸 コロンボから涼しい中央高地を超えて東に進むと、旅行者の数もまばらになってきます。 かつては、タミルタイガー(反政府組織)の本拠地があった東海岸に突入です。ヒンズー 教を信仰するタミル人の多いこの地域は、2009年の反政府組織一掃の前までは一般人はなかなか入れなかった地域で、知る人ぞ知るスリランカの秘境と言われる地域です。
最近になり観光開発が始まり、ホテル建設などに力を入れようとしていますが、まだまだこれからと言ったところ。
それゆえに東海岸は、昨今の自然破壊から守られ、手付かずの素晴らしい海や、未開拓の熱帯雨林、そしてそこに生活する野生動物たちが今も昔のまま残っています。
東海岸のベストシーズンは5月~9月となり、西海岸(ベストシーズン10月~3月)とは逆となるため、今後、東海岸の観光開発が予定通り進めば、四方を海に囲まれるスリランカは、一年中ベストコンディションでビーチライフを送れる、希少なリゾート王国に変貌を遂げていくことでしょう。
  
トリンコマリー Trincomalee アルガンベイ Aruganbay
バティカロア Batticalo  
   
Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.