Srieko Holidays (Pvt) Ltd

観光スポット   »   東海岸

コロンボから涼しい中央高地を超えて東に進むと、旅行者の数もまばらになってきます。 かつては、タミルタイガー(反政府組織)の本拠地があった東海岸に突入です。ヒンズー 教を信仰するタミル人の多いこの地域は、2009年の反政府組織一掃の前までは一般人はなかなか入れなかった地域でしたが、最近は、欧米の旅行者の間で人気のスポットとなっています。
最近になり観光開発が始まり、ホテル建設などに力を入れようとしていますが、まだまだこれからと言ったところ。
それゆえに東海岸は、昨今の自然破壊から守られ、手付かずの素晴らしい海や、未開拓の熱帯雨林、そしてそこに生活する野生動物たちが今も昔のまま残っています。
東海岸のベストシーズンは5月~10月となり、西海岸(ベストシーズン11月~4月)とは逆となるため、今後、東海岸の観光開発が予定通り進めば、四方を海に囲まれるスリランカは、一年中ベストコンディションでビーチライフを送れる、希少なリゾート王国に変貌を遂げていくことでしょう。


トリンコマリー

スリランカ北東部、世界有数の天然港を持つ港町で、そのことで、古くから諸外国の支配を長年にわたって受けてきました。
町の中はこれといって特徴はありませんが、車の少ない静かな田舎町といった感じです。 町の東にはスワミロック(Swami Rock)と呼ばれるヒンズー教寺院の建つ岩があります。多くの石柱があることで有名で、ポルトガルの植民地時代には、これを用いて、砦が築かれました。
町の北部にはホエールウオッチング(Whale Watching)やマリンスポーツで有名な、アプベリ(Uppuveli)海岸(トリンコマリーから6km)、スリランカ有数のビーチパラダイス・ニラベリ(Nilaveli)海岸(トリンコマリーから15km)といった素晴らしいビーチがあり、このリゾートを目的に訪れる観光客も少なくはありません。時期によっては、ホテルが満室と言う状況です。

周辺ホテル
  • Chaaya Blu Trincomalee(4★)
  • Club Oceanic(3★)
  • Pigeon Island Beach Hotel(3★)
  • Nilaveli beach Hotel(3★)
TRINCOMALEE TRINCOMALEE TRINCOMALEE

アルガンベイ

スリランカ南東部、東部海岸の玄関口として、また世界有数のサーフポイントとして、またシーサイドアクティビティーのメッカとして知られています。

サーフィン
あまり知られていないスリランカ東部において、信じられないほどサーフィン愛好家には有名なスポット。
4月~9月のベストシーズンには、スリランカだけではなく世界中からサーファーが集まりイベントも開かれます。(1m~2mのレギュラーサイズの綺麗な波がセットで入ってきます。)

遊泳
一年中泳げますが、知らない海岸では入る前に地元の人へ安全を確認して下さい。
アルガンベイ南の海岸が遊泳のお勧めのポイントです。

自然派
ドルフィンツアー(Dolphin Tour)/サファリ(Safari)(ゾウ、ワニなど)/バードウオッチング(Bird Watching)

ARUGAM BAY ARUGAM BAY ARUGAM BAY

バティカロア

トリンコマリーより100km程南にある、大きなラグーンの入り口に広がる町です。 町自体は静かな田舎町ですが、タミルタイガー(反政府組織)との紛争で難民が流入してきた地域としても知られています。
紛争が熾烈になった時期には、バティカロア地区だけでも16万人が国内避難民となり、さらに東部の他の地域からも14万人が避難してきたといわれています。2007年東部開放、2009年北部開放以降は避難民は帰還を始めています。
この町に再び平和が戻りつつあります。

BATTICALOA BATTICALOA BATTICALOA
Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.