[contact-form-7 404 "Not Found"]

7月22日 「非常事態宣言が再延長」大使館

 

<在スリランカ日本大使館から注意喚起>

 

  • 7月22日,官報通知により非常事態宣言が延長。

 

1 本22日,官報通知により非常事態宣言が延長されました(今後当地国会での承認を得ることにより1か月間有効となります)。既にご案内のとおり,これによる日常生活への大きな影響はない見込みですが,公権力による令状なしの逮捕・拘留が可能になるなど行動が制限される可能性がありますので,ご注意ください。

 

2 先月25日付で,スリランカの危険情報は引き下げられていますが,万一の事態に備え,日頃からニュースなどでスリランカ側の発表に注意するとともに,関連情報の収集に努めるよう心がけてください。

 

【参考情報】

スリランカの危険情報(レベル1:十分に注意してください)

(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2019T049.html

(携帯)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbhazardinfo_2019T049.html

 

在スリランカ日本国大使館

電話:(国番号94)11-269-3831

メール:ryoujivisa@co.mofa.go.jp

 

―――――――――――

<備考>

●4月21日のスリランカ同時爆破テロを受け、4月22日以降出されている非常事態宣言は、7月22日、3度目の延長が行われました。市民生活には特に問題のないものの、街中の所々にライフルを持った兵隊さんが立っているのは、市民生活が平常に戻っているだけに、違和感を感じるようになってきています。各国が渡航規制のレベルを下げているのに、非常事態宣言は続いているという矛盾について、在スリランカ日本大使館に確認したところ、「非常事態宣言に伴う軍の警備によって、観光地、諸施設などが、より安全になっていると、スリランカ政府は考えている」との事でした。なんだか分かったような分からないような回答でした。

安全に旅してこそ楽しいご旅行 by Srieko Holidays

 

お問い合わせ