[contact-form-7 404 "Not Found"]

👪 スリランカ旅行に関してのガイドライン

 

 

👪 全国ロックダウンは2021年10月1日に解除されました。旅行者の受け入れガイドラインは、先だって21年9月29日に修正緩和(期限10月31日迄)が行われ、ワクチン接種完了者(ワクチン2回接種後、2週間経っている人)等は大幅に緩和された内容となっています。

弊社では以上の状況を踏まえ、ご旅行が安全に快適に出来るよう、各省庁と連携を取りながらご旅行者のサポートを行っています。

● 観光客受け入れガイドライン「Helloagain」(21年9月29日 観光局発布)

 

【概要】

 

●ご入国前必要事項

今回の修正緩和は「①ワクチン未接種者/推奨された回数を接種していない者」、「②ワクチン接種完了者ー完全接種から2週間が経過している者」、「③ワクチンの完全接種からスリランカ到着まで2週間を経過していない者」、「④過去3か月以内に新型コロナウイルス感染症に感染したことがある者」の4グループに分けられ、それぞれ入国規制が定められています。

*18歳以下のお子様の扱い等の詳細は、以下の保健省発表をご参照くださるか、弊社にご相談ください。

スリランカ保健省発表(9月28日付)

 

a) ETA :VISA申請はETAにて行い(到着時のVISA申請は不可)、観光局に入国許可申請を行う。👉弊社(Safe & Secure代理店)にて手配可能ですのでご相談下さい。

【入国VISA(ETA)申請政府公式サイト】

【ETA申請留意点】12歳未満のお子様はVISA費用は無料となりますが、申請及びETA Approvalは必要です。ETA申請にはグループでも一括申請は出来ますが、一人一人申請する方が確実に取得できますのでお勧めです。またトラブルを避けるため、お子様でパスポートをお持ちの方は、ご両親の申請に付帯するのではなく、お子様のパスポート番号にて別々に申請する事をお勧めいたします。申請後、24時間以内にETA Approvalが指定のemailアドレスに送付されます。

b)PCR: 出発前72時間以内に実施されたPCR検査陰性証明書(英文)が必要です。ただし④対象の方は、PCR検査にかえて搭乗前48時間以内に実施された抗原検査(Papid Antigen Test)の陰性証明の携行でもよい。その場合、英語で記載された診断カード、罹患が立証できる証拠、PCR検査の陽性結果、抗原検査の陽性結果、など罹患したことを証明する書類が必要。

c) ホテルの予約: 👉弊社(Safe & Secure代理店)にて手配可能ですのでご相談ください。①③④対象の方はPCR検査等の費用を含めレベル1ホテルを手配する必要がありますのでご相談ください。

d) 専用車の手配:。👉弊社(Safe & Secure代理店)にて手配可能ですのでご相談ください。(基本的に公共交通手段はご利用できません)

 

 

●ご入国審査時必要書類

e) パスポート、往復航空券、入国申請書

f) 出発前72時間以内に実施されたPCR検査陰性証明書(英文)が必要です。ただし④対象の方は、PCR検査にかえて搭乗前48時間以内に実施された抗原検査(Papid Antigen Test)の陰性証明の携行でもよい。その場合、英語で記載された診断カード、罹患が立証できる証拠、PCR検査の陽性結果、抗原検査の陽性結果、など罹患したことを証明する書類が必要。

g) ワクチン完了証明書(ワクチン接種完了者のみ)の英文コピー

h)記入後の自己申告書(Self Declaration Form)

 

 

●入国後

😊 ①クチン未接種者/推奨された回数を接種していない者

・ スリランカ政府が認証する安全・安心レベル1ホテルまたは隔離指定ホテルにおいて、14日間隔離を受ける。

・ スリランカ到着後1日目(Day 1)にPCR検査を、12日目(Day 12)にPCR検査/抗原検査を受け、結果が陰性であれば、隔離は終了する。

・ 1回目の検査結果が陰性なら、他のお好みのレベル1ホテルへの移動が可能となります。また政府の許可する観光スポットをバイオバブル下で周遊可能です。

・ 滞在期間が5日~14日の場合、帰国日の24時間~36時間前に2回目のPCR検査を行います。

・ 滞在期間が5日未満の場合は、2回目のPCR検査は基本的にありません。

※空港から移動は専用車を利用。公共交通機関(バス等は利用不可)。

*PCR検査陽性の場合、政府が決めた隔離施設に移動、陰性になるまで隔離となります。

😊 ②ワクチン接種完了者-完全接種から2週間が経過している者

・ 新型コロナウイルス・ワクチンの推奨された回数の接種を完了し、ワクチンの接種から2週間が経過しており、搭乗前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書を持っている渡航者は、スリランカ到着1日目のPCR検査またはスリランカ到着後の隔離措置は不要であり、空港から出発することができる。

※空港から移動は専用車を利用。公共交通機関(バス等は利用不可)。

😊 ③ワクチンの完全接種からスリランカ到着まで2週間を経過していない者

・ スリランカ政府が認証する安全・安心レベル1ホテルまたは隔離指定ホテルにおいて、スリランカ到着後1日目(Day 1)にPCR検査を受け、ワクチン接種から14日が経過するまで隔離を受ける。

・ 1回目の検査結果が陰性なら、他のお好みのレベル1ホテルへの移動が可能となります。また政府の許可する観光スポットをバイオバブル下で周遊可能です。

・ 滞在期間が5日~14日の場合、帰国日の24時間~36時間前に2回目のPCR検査を行います。

・ 滞在期間が5日未満の場合は、2回目のPCR検査は基本的にありません。

※空港から移動は専用車を利用。公共交通機関(バス等は利用不可)。

*PCR検査陽性の場合、政府が決めた隔離施設に移動、陰性になるまで隔離となります。

😊 ④過去3か月以内に新型コロナウイルス感染症に感染したことがある者

・ 関係書類、ワクチン接種記録、出発前のPCR検査の結果について、空港で確認が必要。

・ ワクチン接種から14日が経過し、搭乗前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書/搭乗前48時間以内に実施された抗原検査(Papid Antigen Test)の陰性証明を持っている場合は、スリランカ到着1日目(Day 1)のPCR検査またはスリランカ到着後の隔離措置は不要であり、空港から出発することができる。

※空港から移動は専用車を利用。公共交通機関(バス等は利用不可)。

・ ワクチンが完全接種ではない場合、アストラゼネカワクチン/ファイザー・ビオンテックワクチン/モデルナワクチンまたはその他の完全接種が推奨されているワクチン(ジョンソン&ジョンソン、スプートニク・ライト等)を自国において1回接種した後に到着する必要がある。

・ 2回目のワクチン接種から14日が経過していない場合、ワクチンの完全接種からスリランカ到着まで2週間を経過していない者と同様の隔離を受ける。

――――――――――――――――――

*ご旅行が済みましたらご帰国です。ご帰国前にPCR検査をご希望の方は、弊社にご相談ください。弊社にてアレンジいたします。特に日本の場合は現在、帰国前72時間以内のPCR検査が義務付けられています。👉ご相談ください。

*渡航制限対象国は現在ありません。

 

👉 スリランカ新型コロナ最新情報に戻る

 

安全に旅してこそ楽しいご旅行 by Srieko Holidays

 

 

お問い合わせ