[contact-form-7 404 "Not Found"]
スリーエコ・ニュース (Srieko News)

Vol.106 – 2020年スリランカ、みんなみんなランカ流!(第四話)

December 8, 2020 at 6:44 am

Taro@Mirissa

 

皆様、こんにちは。

 

あっという間に2020年の年末となりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

今年は、悲しいかなコロナウイルス騒動の一年となってしまいました。日本では第3波の感染が拡大しており、年末なのに忘年会の自重など、大変な状況になっている事と存じますが、くれぐれも安全に年末をお過ごしください。

 

スリランカでも、10月頭頃から第二波の感染が拡大、今も都市を中心に感染の激しい地域で、隔離的にロックダウンが行われています。

現地は穏やかな気候が続く良い季節を迎えていますが、例年クリスマス休暇の外国米人旅行者で賑わっている各観光スポットには、外国人の姿はなく静まり返って寂しい限りです。

いまだ空港は一般旅客の入国停止を行っていますので、仕方のない事ですかね😊

 

さて今年一年の締めくくり、来年は少しでも良くなると願いを込め、「みんなみんなスリランカ流!(第四話)」を発刊しました。

スリランカに滞在した事のある人は、見たことある!そう思う!というケースが多いのでは。😊

 

●ランカ流カラオケ

 

「おまえらいい加減にしろ~~」「今何時だと思ってるんだ~~」と寝室で絶叫した事は数えきれない..深夜の爆音カラオケで、安眠を妨害された経験のある外国人、観光客はかなりいるのでは。

というのも、ここスリランカでは、夜が更けるにつれ人の迷惑顧みず、カラオケの音量が大幅アップするのです。

パーティーの開始時間は大体夜の8時頃から、最初はどこか遠くで野外パーティーをやっているのかな!?と思うほどで、野外に出ても何を歌っているのかもわからないほど控えめなのですが..

夜も10時を過ぎると、お酒も入り少々賑やかになりヒートアップ、ド~ン、ド~ンと雅な打ち上げ花火など上げ、一段カラオケの音量アップ!屋内では気にならない程度ですが、野外に出るとハッキリとゆっくりした演歌のような唸り声(歌声)が聞こえてきます..12時にはパーティー終了か!?と思うのは、甘い甘い!ビートも速くなり、大いに賑わっている様子、打ち上げ花火や爆竹がパーティーを盛り上げます、既にカラオケは爆音状態..幹線道沿いにあるホテルから700メートルほど離れた拙宅にも音がビンビン響き、そろそろ眠りたいんだけど早く終わってくれ~とつぶやくには大体この時間..

日付が変わって深夜2時、カラオケは深夜静まり返った住宅街に衝撃波のごとく響き渡ります..明日があるため耳栓をして眠ろうとするのですが、あまりの衝撃波に耳栓が利かず..「おまえらいい加減にしろ~~」と第一声!

朝方3時頃、爆音変わらず..眠れないため朦朧とした状況で「今何時だと思ってるんだ~~」と寝言のように連呼..気絶するがごとく意識が遠のいてきたと思っていたら、いつの間にか朝だった..というのは毎度の事!..

過のごとくスリランカのパーティーは、人の迷惑顧みず朝方まで続くのです。😊

特に結婚披露宴などは、オスピシャス(縁起の良い日)の木曜日に行う事が多く、金曜の朝方までカラオケをやられた日には、翌日は耳鳴りと睡眠不足で仕事になりません。

地域住民どうしや、隣人どうしの目に見えないローカルルールがあるのでしょうが、「スリランカにいるのは、あなた達だけではない!」と言いたい..外国人や旅行者にランカ流を押し付けないで頂きたいものです。

街の条例に定められている通り、夜10時に止めなさいとは言いませんが、せめて深夜12時には止めてほしいものです。お願いだから..ちみ達大丈夫!?😊

 

●借金、債務もランカ流..

 

旅行には「旅行の計画、準備」「旅行そのもの」「旅行に行った後の思い出」の三つの楽しみ方があると言われますが、ここスリランカでは更に楽しみかどうかわかりませんが、旅行の後に「旅行代金お支払い」が一つ加わります。

まだまだ一人当たりのGDPが低く(一人当たり四千ドル強)、国内旅行はまだしも、海外旅行ともなると一か月の給料の何倍もかかる事が有るため、1年12回払い2年24回払いなどの分割払いが主流で、旅行代金の一括払いはほとんどありません。

「何でそこまでして、旅行に、海外に..」と皆さん思われるかもしれませんが、実は数年前まで私もそう思う一人でした..どうしてなのだろうと考えれば考えるほど、どうも国民性に行きつくようです。

スリランカ人の性格で代表的なのは、「熱くなりやすく喧嘩っ早い」「素朴で無邪気」「大金が絡むと人が変わる」などは有名ですが、住んでみて10年、南国気質なのでしょうか、他のアジアの国と比べると、少し「楽観的」又は「自信過剰」すぎるように感じます。

借金に対する感覚もまさにそれ...

ちょっとしたお買い物(食品、雑貨、衣類、家電)から旅行、車に至るまで、ほとんどがカード又はローンの分割後払い..私から見たら絶対にありえない車の巨額のローン(支払金額は月収の7割以上)を背負って頑張っている観光ドライバーもいるほどです。

返済に「絶対的な自信」を持つこの手のスリランカ人には、こちらが心配になるくらい..収入が安定していればまだいいのですが、なかなかそういう人達はまだまだ少なく、明日おも知れぬ自称自営業の人達が多いお国柄..おのずと支払いが滞たり、支払いが出来なくなったりして、差し押さえや、没収、自己破産になるケースも少なくないようです。

宵越しの金は持たないのは「江戸っ子の粋」だとよく言われますが、ここまでくると「江戸っ子も真っ青なスリランカン」と言えるでしょう。

 

世界中で問題になっている中国の「債務の罠」、皆さんもご存知のようにスリランカの現政府は一帯一路政策に賛同しており、闇金融のごとき中国からの債務は、現親中政権下で指数的に拡大しているようです。

結果、日本の新聞でも報道されたハンバントタ港は、「債務の罠」の代償として99年租借という形で事実上中国領となり、ハンバントタ周辺では、孔子学院ならぬ中国の文化、語学の教育が始まったと先日のニュースでありました。

スリランカは地政学的な利点のある国で、黙っていても投資が集まり、また農業国という事もあり食べる事には困りませんが、政府自体が国民性に流され「楽観的」、「自信過剰」すぎるのはいかなものでしょうか..

借金や債務について、自国の実力(GDPなど)をもう少し真剣に考え、子孫の将来のために負債を少しづつでも着実に減らすべく、対処していく時期なのではと思うこの頃です。

 

●ランカ流二重価格

 

毎度毎度、「高っけ~」「どういう事ナゼ!?」「やってられんわ」というのはスリランカの二重価格の話。

スリランカに来られた外国人または住んでいる外国人が一度は経験する二重価格..スリランカの隅から隅まで浸透しています。

市民の便利屋さん、市民の足と言われるオート三輪(トゥクトゥク)は、最近こそUBER、PickMeなどの大手タクシー手配会社の出現により、都市部での料金は透明になってきていますが、ちょっと前まで料金は交渉制..外国人にはローカル料金の2倍ならかわいいもので、5倍ほど吹っ掛けてくるドライバーもいて、来たばかりの頃は大変戸惑ったものです。

トゥクトゥクなどは可愛いもので、観光立国を目指す政府は二重価格を公然とやっています。

世界遺産入場料と言うのがその一つ、例えば「天空の要塞と太古の壁画」で有名な世界遺産シギリヤロックの入場料は、外国大人一人US$30(約Rs5,400:旅行代理店を通しても同価格)、対してローカル大人一人Rs50と、なんと110倍近い違いがあります...

その他の世界遺産、各種遺跡、国立公園、他公園などなど、漏れなく政府公認の二重価格が存在しており、ローカルより100倍多く払わされた外国人観光客は、チケットカウンターの前で、冒頭の「高っけ~」「どういう事ナゼ!?」「やってられんわ」が出てくるわけです。

旅行業を営む私も、この違いはひどすぎると何度も観光局に掛け合い、料金の正当性を確認しましたが、納得できる答えは得られず..せめて旅行がピークの季節は、いつも混んでいる世界遺産へのローカル入場制限をしてもらい、高い料金を払っている外国人を優先的に入場させてもらえるよう交渉しましたが、「スクールホリデー」とか最もらしい理由で、これも却下される始末です。

街に出れば、スーパー、大手電気店、大手雑貨屋、レストラン等を除き、価格表示されているお店はほとんどなく、沿道に多数見かける中古車屋すら値札の無い交渉の世界...もちろん外国人価格が存在する別名「微笑みの詐欺師」状態とでも言いましょうか..皆さんも、なかなか価格表示の無い中古車屋に入る勇気はありませんよね。

さらにこの国の価格体系を複雑にしているのが、コミッションビジネスと言われる口銭商売..口銭キックバックのこの商習慣は、自由競争とは真逆の、東南アジア~中東にはびこる闇カルテルに限りなく近いグレーと言ってよいでしょう。

こんな調子ですから、スリランカでは「外国人=お財布」と思っているスリランカ人も多くいるのでは!?と勘繰りたくもなるというものです。😊

スリランカ観光客のリピーター率が他の国と比べて低いと言われるのも、あながちこの辺が複雑に絡み合って影響しているのかもしれませんね。

この二重価格が少しでも改善してくれれば、もっと外国人には分かりやすくて魅力的な国になるのにな~残念!とこちらに住み始めてからずっとつぶやいています(笑)

さて今回はこの辺で。😊

 

今年もご覧頂きまして有難うございました。

コロナの始まりコロナに終わる一年でしたが、なんとか家族全員無事に年末を迎えることが出来ました。

皆様には、Merry Christmas & Happy New Yearを願っています。来年は良い年であります様に。

 

 

<弊社プロフィール>

安全に旅してこそ楽しい旅行、Srieko Holidaysはいつもお客様の安全を第一に考えて旅行のお手伝いをしています。

 

*インド洋を優雅に泳ぐシロナガスクジラ観察

*「ウミガメの産卵ツアー」大好評

*高原列車で紅茶畑&紅茶工場巡り大好評

*GTフィッシング

2020年12月8日 山倉義典

 

|
お問い合わせ