[contact-form-7 404 "Not Found"]

1月28日 コロナ禍、寂しい2021年ドゥルス・ペラヘラ祭!

 

 

本日1月28日はドゥルスポヤデー(仏教行事・満月の日)で祝日です。

先週一日のコロナ感染者数は過去最高を記録し、今週も全国で毎日700人~800人の新規感染者が出ており、コロンボは特にその半分以上400人前後の新規感染者が出て、コロナ感染は収まるどころか、増々拡大しています。

政府は感染について「コントロール出来ている」と言っていますが、冷静に状況をみれば感染の危険が増しているのは一目瞭然で、外出は十分注意が必要です。

スリランカは、本日1月28日がポヤデー(満月の日)で祝日、土日をはさみ来週2月4日は独立記念日で祝日となりますので、コロナで仕事も減っている中、長期休暇を取る人も多くいるようです。

その様な中コロンボ郊外のケラニヤ寺院にて、昨日1月27日、恒例のドゥルス・ペラヘラ祭が行われたという記事が現地新聞Daily MirrorにPhoto Newsとして載っていましたので、以下にお祭りの写真(Daily Mirrorより)をご案内します。

 

ドゥルス・ペラヘラ祭りは。毎年ケラニヤ寺院にて1月のポヤデー(満月の日)に3日程行われるペラヘラ祭りです。スリランカ最大のキャンディ・ペラヘラ祭りに次いでの規模を誇ります。しかし今年はコロナのため、昨日27日1日のみ開催、開催時間も2時間程とごく短く、飾りも質素で少し寂しいペラヘラ祭となりました。

ケラニヤ寺院はコロンボの玄関口にあり、仏陀がスリランカを訪問した際にこの地を清めたとされる、聖地となっています。

 

仏歯の入っていると言われる黄金の塔を、寺院からゾウさんに載せる儀式

 

ゾウさんのパレード(仏歯を背中に乗せ寺院周辺を練り歩く)の先頭を務める火踊り隊

 

太鼓隊、伝統的舞踊小舞隊などの行進

 

仏歯を乗せ寺院周辺を練り歩くゾウさん。貫禄十分です!😊

 

●参考:例年の華やかなドゥルス・ペラヘラ祭(2020年3日間開催

 

●参考までに、次のペラヘラ祭は2月のポヤデー(満月の日)あたりで、コロンボ中心地にあるガンガーラマ寺院のナワン・ハマ・ペラヘラ祭となります。

 

安全に旅してこそ楽しいご旅行 by Srieko Holidays

 

 

お問い合わせ