[contact-form-7 404 "Not Found"]

9月24日 野生動物達の生態を全世界にライブ配信へ!by スリランカ

 

 

9月23日、スリランカ観光振興局(SLTPB)は、バーチャル技術を使って国内の野生動物達を紹介する、斬新な企画に着手すると発表しました。

観光局は、国内&海外観光客を対象にライブ配信を通して、ユニークな体験が出来るよう目指すようです。

民間と協力しながら、国内の数か所にある国立公園にいる野生動物達の、あまり知られていない生態などをライブ発信します。

観光立国を目指すスリランカ政府観光局は、「価値観」から「実体験」へ重点施策を変更しようと動いており、「今回のライブ配信は大きな転換の起点として重要なメッセージになりるだろう」と話しています。

 

 

Facebook, Instagram, Twitter, Youtubeなどのソーシャルメディアを使って配信予定、対象の国立公園は、Yala(ヤーラ国立公園) , Minneriya(ミンネリヤ国立公園), Kaudulla(カウドゥーラ国立公園) and Udawalawa national parks(ウダワラウェ国立公園)のスリランカを代表する4大国立公園です

近々スリランカの野生のヒョウ、ゾウさん、ナマケクマ、ワニ、野鳥などの生態に迫ったライブ配信が世界中に発信される予定です。

各国立公園にて1時間のライブを8回配信予定、インタラクティブでの配信との事です。

しかし配信開始の期日は発表しておりません。いかにもスリランカらしいですね😊

 

ところで野生の動物観察というものは、「動物達の生態を観察すると同時に、私達も動物達から観察されている」という、ある種の緊張感を伴うものなのではないかと思うんです..ワイルドライフをこよなく愛する私としては、その緊張感をインタラクティブとはいえ、バーチャル技術にて果たして感じることが出来るのか?政府が考える「実体験」が出来るものなのか半信半疑ですが、世界的なコロナの感染状況を考えると、この企画が今政府が出来る精一杯なのかもしれません..

まずは、この企画はどこまで斬新になるのか楽しみにしたいと思います。

 

 

お問い合わせ