[contact-form-7 404 "Not Found"]

5月6日 異色のパンツ・パンティー抗議行動始まる🐶

2022年5月6日/Srieko配信

 

こんにちは犬課長です。

 

不謹慎だけどワンワン笑っちゃいました~もう何が起こってもスリランカでは不思議でないけどね・・

抗議行動が活発化する中、昨日も学生による大暴動が起きた国会議事堂前で、ついに異色の抗議行動ともいえるパンツ・パンティー抗議行動が起きてますよ~中には褌男・ズロースなども登場、国会議事堂前に作られたバリケードにパンツ・パンティー類を干して、「我ら民衆が持っている物はもうパンツ・パンティーしかないの!国会議事堂に向けて干してせめてもの抗議 Gota Go Home!」というコンセプトでしょうか・・流石スリランカ!あまりの斬新さとウイットに富んだアクションにに呆気にとられたあたし・・パンツを着けないあたしには考えつかない技だワン🐶・・ちょっと残念なのは参加しているのがオジサン・オバサンだけで、若い子が参加していないって事だけど、まあ異色のオジサン・オバサンのパワー溢れる抗議行動を見てみましょう😊

 

*Daily Mirrorの動画一分程です。 右の原住民のような人は何者か?先祖のベッダ?ヤッカ?

*とオレンジ色で書かれた「Go Home Gota」・・相当な怒りを感じますワン🐶

*国会議事堂前に急造されたバリケードにパンツ・パンティーを干して抗議!

 

●外貨準備高5千万米ドル以下に急降下!?

バジル・ラジャパクサ(大統領・首相の兄弟)前財務相の退任後、4月の頭に新しく就任したアリ・サブリ―(Ali Sabry)財務相は、精力的にIMFや世界銀行、周辺国と融資について掛け合っているけど、先日スリランカの外貨準備高が、5千万米ドル以下になっていると暴露したワン🐶・・今年頭まで25億米ドル近くあったのに、何処に使っちゃんでしょうね・・

 

 

アリ財務相は経済危機を脱するために、一刻も早くIMF再生プランを開始する姿勢ですが、少なくとも6か月程かかると言われており、まずは周辺国とのつなぎ融資などの話し合いを行っているとの事・・前財務相(バジル氏)と比べると浮いた話や目先だけの話はほとんど無くて、事実を基に政策を打ち出している様なので、少し期待したいワン🐶 まあ少しの間お手前拝見と行きましょう・・

 

 

国のお財布(外貨準備)の中にたった5千万米ドル(約65億円程)って、中小企業じゃないんだから・・1バレル100米ドルとして50万バレルしか買えないって事よね・・てことは、スリランカはタンカー一隻分の原油を買っちゃったら、お財布すっ空カランで、チ~ンて事でしょ・・よくもここまで、前の財務相は「自力再生プランがあるから大丈夫」と曖昧な事言って国民を煙に巻き、ほったらかしにしていたものね!あれだけ野党・有識者が警告していたのにもかかわらずよ~一発ガブッといっちゃおうかしら🐶

 

●電気ガスを止められた、貧乏家族・・

そうね、今のスリランカは、家はあるけど、お金がなくて電気ガスを止められ、燃料も必要な物も買えない貧乏家族のようなもの・・毎日大酒飲で自分だけ好き放題の父親、母親の内職だけでは子供達の生活は悲惨、父親が闇金に手を出したばかりに取り立て屋が家に来て「家をよこせ、金返せ」と連日の脅し、家族の生活は荒み、電気もガスも止まってしまい、病気がちで体の弱い母親の薬も買えない、ちょっと前までは中学を出て出稼ぎに出た長男の仕送りで、少しは何とかなっていたけど、この不景気で仕送りも止まり、食べ盛りの4人の子供達は3食もままならない・・近所の人達は見るに見かねて、お金や食料を援助するのだけれど、もらった端から父親が全部使っちゃう・・我慢の限度を超えた家族は父親に出て行ってくれと嘆願するが、太々しくも「俺のどこが悪いんだ!」と、逆切れして卓袱台返しをする始末・・悲しいけど、今のスリランカはまさにこれ。ダメ親父に食い物にされる貧乏家族のようだワンワン🐶

 

*停電で真っ暗な市内、車と列車の明かりだけ・・夜明けの来ない夜は無いさと言いたいけど・・

 

現地ニュースによれば95%割以上の国民が大統領・首相両兄弟の退任を求めているらしい・・退任を求める市民の抗議行動はどんどん激しくなるばかり・・しかし当事者の兄弟は益々開き直り、国民の声をガン無視ですワン🐶 ・・95%ってほとんどよ!・・まだRC国のプーさん達や、N国の刈り上げ君の方が支持率あるだけ、国の安定だけを見ればましかもね😊

 

●一度デフォルトしてやり直すのも・・

あたしの期待している野党第一党SJBの議員であり、経済学者のHarsha De Silva(ハルシャ・デシルバ)さんは先日の国会で、以下の様に話してるワン🐶

アリ経済相の「外貨準備高5千万米ドル以下」発言は、スリランカが破産レベル以下まで追い込まれたと認識、更なるルピー安必至

◆インドからは既に50億米ドル以上の融資を受けており、スリランカが外資を増やす方法を見つけない限り更なる危機に直面

◆中国はスリランカへの債権再編成(債権整理)依頼を拒否

◆日本に大統領が30億米ドル融資依頼を行った事は好感、しかしもし融資を受けられなければ危機的状況

◆スリランカの税率はGDP比、7.5%と世界で最も低い国、税率を上げないと今後の国家運営は難

 

 

かのようにハルシャ・デシルバさんは言ってますが、とにかく本格的なデフォルトXデーは直ぐそこまで来てると尻尾のセンスでビビビッと感じるワン。

もうデフォルトは仕方ないとして、IMF再生プランが始まるまでの、国民生活を確保するための「つなぎ融資」とデフォルト後の債務整理が大事じゃないかな・・残った家族は、こつこつ貧しいながらも、まともな生活を取り戻すために今頑張っているんだからね💗そして家族に愛される、しっかりした家長を選ぶことはもっと大事な事、頑張ってほしいワン🐶

 

 

●新着ニュース・アーカイブ 

●Srieko ビジネスサポート

●Srieko Holidays🌺春のプロモーションツアー

 

安全に旅してこそ楽しいご旅行 by Srieko Holidays

 

 

お問い合わせ