[contact-form-7 404 "Not Found"]

8月18日 中国スパイ船入港&前大統領逃亡費用を政府が負担👦

2022年8月18日/Srieko配信 写真Daily Mirror引用

 

いや~新政府の発足から早一か月、中国と手を切りインド&西側諸国の協力を得て、国の立て直しが加速すると思いきや、さにあらず・・8月16日には中国の圧力に負け、インド・米国を始めとする西側諸国の反対を押し切り、中国スパイ船と言われる「Yuan Wang 5」のハンバントタ港(99年租借で取られたうえ、港建設の負債はそのまま残っている=いわゆる「債務の罠」に落ちた港)の入港を許してしまいました。

 

*スリランカ政府を脅迫して入港した中国の「Yuan Wang 5」アンテナだらけで、どっから見てもスパイ船・・律儀な国会議員の数人が出迎えたらしい(爆)

 

隣国インドには、国家破産前も後もどれだけ資金や物資の援助をしてもらっているのか!政府はもう忘れてしまったのでしょうか??・・中国に脅されるとNOと言えないスリランカ政府は、「債務の罠」により借金という麻薬を与え続けたせいで、既にまともな判断が出来なくなっているのかもしれませんね・・インドからの恩を忘れ、再び中国に近付くような愚策をやっていては、この経済危機を起爆した中国との関係を容認し、やはりスリランカは「しょせん属国」なのかと、世界の国々はそう捉えます・・当然、IMFやインド&西側諸国もドン引きでしょう~国民は本当にこんな事で納得できるのでしょうか・・

 

*インドにするか中国にするか・・

 

更に「信じられないニュース」が飛び込んできました。

7月頭の民衆蜂起で国外逃亡したゴタバヤ・ラジャパクサ前大統領のチャーター機代を、スリランカ政府が負担していたという前代未聞の話・・この財政破綻しているスリランカ政府のどこにそんな逃げた前大統領のチャーター機代を負担する余裕があるのか!?なぜ政府はこのチャーター機代の負担を正当化するのか!?もっと言えば何故このタイミングで国民感情を逆なでするような報道を行ったのか疑問が残ります。

 

 

燃料を買うお金がなく、連日の停電(約3時間)、ガソリン不足で車の代わりに自転車、ガス不足で薪を使い調理する国民、医薬品・食料など数えきれない程の物不足に見舞われ、日々の生活もままならないスリランカ国民にとって、この件は「信じられないニュース」の何物でもありません・・国民からすれば、自分達の生活をめちゃくちゃにして逃げた前大統領に使うお金があるなら、残っている自分達に使って欲しいというのが国民感情でしょう・・新政権と言っても前大統領が逃げ出し至急新政権を発足させる必要があったため、新大統領は国会選出(本来は国民による直接選挙)、新大臣といっても、ほとんどが前政権と同じ(内閣総辞職をしたのだから、本来は国会議員の総選挙を行い新たに大臣を選出)・・いわゆる「インスタント政権」で、なおかつ主要閣僚は前大統領の息のかかった大臣ばかりときたら、さもありなんと言ったところでしょうかね😊だめだこりゃ~!チ~ンて感じです。

 

*写真はイメージです

 

この「信じられないニュース」の報道内容は以下

●原文:We footed up the bill for fmr President Gotabaya: Bandula 8月16日Daily Mirror

●要約文

バンドゥラ内閣報道官は本日(8月16日)、ゴタバヤ・ラジャパクサ前大統領が先週シンガポールからタイの移動に使ったチャーター便代金をスリランカ政府が負担したと発表した。

本日の閣議後の記者の質問に答え、バンドゥラ大臣は、スリランカは政府の責任としてその請求書の支払を行ったと述べた。

「1986年の大統領権限法第4条に基づき、引退した大統領やその未亡人たちは、相応の待遇を受け手当も支給されている。したがって、政府はラジャパクサ前大統領の請求書支払いを確約する」と付け加えた。

「現にマイティリパラ・シリセーナ、チャンドリカ・クマラトゥンガ、ヘマ・プレマダサ等元大統領に住居、手当、その他の施設が提供されている」とバンドゥラ大臣は強調した。

「ラジャパクサ前大統領が将来帰国する際には、引退した大統領に与えられるすべての施設と特権を政府は提供しなければならない」と彼は付け加えた。

===============

皆さん上の記事どう思われます?任期を全うし国見のために働いた大統領と、任期途中で失政による経済危機で国民の反感を買い国外逃亡した大統領が、引退後同じ待遇など在りえないと私は思うのですが・・某隣国の殆どの大統領は退任後ブタ箱に入れられているのですからね😊

 

 

●新着ニュース・アーカイブ 

●Srieko ビジネスサポート

●Srieko Holidays🍂秋のプロモーションツアー

 

安全に旅してこそ楽しいご旅行 by Srieko Holidays

 

 

お問い合わせ