[contact-form-7 404 "Not Found"]

9月9日 ”不要不急”の輸入品に対しL/C & D/A 100%デポ要!

 

 

本日9月9日、スリランカ中央銀行金融委員会は、携帯電話、TV、時計、冷蔵庫、エアコン、ワイン、ビール、フルーツなど、直ぐに必要でない物や贅沢品の商品輸入に対して、100%の現金デポ要求を決定しました。

CBSL(スリランカ中央銀行)の声明では、9月8日の会合でこれらの商品輸入に関して、商業銀行及び国民貯蓄銀行との間で交わされるL/C及びD/Aに対し、100%の現金デポ要求をすることを決定、即日発行しました。

この決定により、特に投機的な過剰輸入が抑制され、為替の安定と外貨市場の流動性の維持が期待されています。

 

👨アドバンスキャッシュとほぼ同じになりますので、会社のキャッシュフローはかなり圧迫され、景気停滞又は後退が懸念されます。

👨来週中央銀行総裁の交代があります。現総裁(ラクシュマン氏)はビジネス界に大変人気のある人でしたが、次の総裁は現役大臣の就任が予定されています。法律的に問題が有るかどうかわかりませんが、今後中央銀行の独立性はどうなるのか!?独裁政治にまっしぐらのような気がします・・非常に心配です。

 

 

 

以下は現地紙Daily Mirror原文

The Monetary Board of the Central Bank of Sri Lanka, has decided to impose a 100 percent cash margin deposit requirement against the importation of selected goods of non-essential or non-urgent nature made goods including on mobile phones, televisions, watches, refrigerators, fruits, air conditioners, wine and beer. 

The CBSL in a statement said the Monetary Board of the Central Bank of Sri Lanka, at its meeting held on Sept. 8, decided to impose a 100 percent cash margin deposit requirement against the importation of these goods made under Letters of Credit and Documents against Acceptance terms with Licensed Commercial Banks and National Savings Bank, with immediate effect.

The decision to impose the cash margin deposit requirement is expected to support the ongoing efforts to preserve the stability of the exchange rate and foreign currency market liquidity, particularly by discouraging excessive imports of speculative nature. 

 

安全に仕事をしてこそプロのお仕事 by Srieko Holidays

 

 

 

お問い合わせ