[contact-form-7 404 "Not Found"]

Breaking News

4月12日 スリランカでは明日から新年🎍

スリランカでは明日4月13日と14日が新年「シンハラ・タミル正月」です!

米を主とした穀物類の収穫の季節が終わり、実りへの感謝と次の豊作を祈るタイミングに行われるお祭りで、一年で一番暑い時期にスリランカのお正月は来ます。..

4月11日 SLAF(スリランカ空軍)の鉄人

SLAF(スリランカ空軍)の兵士がPalk Strait(ポルク海峡:マナー~インド間)往復60kmを遠泳で大幅にギネス記録を塗り替えたとの事..それまでの記録51時間を28時間19分**秒で泳いだと言っているので、一瞬聞き間違いかと思い、家に帰りニュースを調べて、またびっくり!..

4月9日 外国からの入国者規制の刷新(4月6日発布)😊

1.スリランカ政府、保健省は、4月6日外国からの入国者規制内容を下記の内容にて変更いたしました。これにより3月18日発布の入国者規制は無効になります。

2.また、スリランカ政府、観光局は4月7日外国からの観光客規制内容を下記の内容にて変更しました。

3月22日 海外からの渡航者向け規制緩和(3月18日発布)

3月18日スリランカ政府は、海外からの渡航者(スリランカ人と外国人在住者含む)に対する新たな規制を発布いたしました。規制内容はワクチン接種者(2回)に対して大幅な規制緩和となっています。
詳細は、3月22日に在スリランカ日本大使館から、以下の連絡がありましたのでご参照ください。..

3月4日 スリランカ政府30歳以上の全国民にワクチン接種!

スリランカ政府は2月頭より医療関係者、観光従事者などを優先に、アストラゼネカ製ワクチン接種を始めていますが、この度30歳以上の全国民にワクチン接種をすると決定いたしました。..

2月26日 ナワン・ペラヘラ祭り!ゾウさんのおめかし!?

例年はコロンボ中心部で行われるため観客が多く華やかで、ガンガーラマ寺院を中心に、仏歯をのせたゾウさん達と踊り子達が、周辺のベイラ湖を周るように練り歩きますが、今年はコロナの影響で、飾り付けも控えめ、参加したゾウさんも10頭程と大変寂しいペラヘラ祭りとなりました。..

2月16日 コロナ変異種感染!スリランカ政府の対応は?

ここスリランカでは、昨年10月に始まった第二波の感染が、今年に入りさらに拡大!先週の2月9日には一日の感染者数が1000人に迫る過去最多の976人を記録しました。

スリランカ・コロナ感染者数推移 ●グラフから10月以降感染拡大が止まらない事を読み取れると思います。

1月28日 コロナ禍、寂しい2021年ドゥルス・ペラヘラ祭!

ドゥルス・ペラヘラ祭りは。毎年ケラニヤ寺院にて1月のポヤデー(満月の日)に3日程行われるペラヘラ祭りです。スリランカ最大のキャンディ・ペラヘラ祭りに次いでの規模を誇ります。しかし今年はコロナのため、昨日27日1日のみ開催、開催時間も2時間程とごく短く、飾りも質素で少し寂しいペラヘラ祭となりました。..

1月18日 17日コロナ感染者数スパイク!空港21日開港。😊

1)1月17日の現地英字新聞Daily Mirrorによると、17日一日の感染者は749人に達し感染者累計は53,063人となりました。
2)また、本日の犠牲者数も8人(65歳以上高齢者中心、27歳1人含む)となり累計は264人となりました。
3)スリランカの国際空港(コロンボ国際空港(BIA)、マッタラ国際空港(MIA))は1月21日より約10か月ぶりに開港します。

1月13日 明日はヒンズー教徒の収穫祭=タミルタイポンがル!

明日1月14日はタミルタイポンガル Tamil Thai Pongal!ヒンドゥー教徒であるタミル人が収穫を祝い、自然の恵みに感謝する祭りです。

「タイポンガル Thai Pongal」というのは、ミルクライスの事。

具体的には、明日1月14日の早朝、日の昇る前にミルクライス(収穫した新米、ミルク、グリーンクローブの実、砂糖)を炊き、ヒンドゥーの神に献上し、豊作を祝い感謝の気持ちを伝えます。...

1月5日 1月21日コロンボ国際空港(BIA)再開!観光大臣 😊 

観光大臣のプラサナ・ラナトゥンガ氏は、スリランカの空港を1月21日よりヘルスガイドラインに従って、商用便と観光客向けに正式に再開すると述べました。

これにより、1月21日よりコロンボ国際空港(バンダラナヤケ国際空港BIA)とマッタララジャパクサ国際空港(MRIA)は、商用便と観光客向けに約10か月ぶりに再開する予定です。..

🎍2021年1月1日 新年あけましておめでとうございます。

観光立国を目指すスリランカも、1月末には約十か月ぶりに一般旅行客へ空港の再開を予定しています。

国内感染拡大がなかなか収まらない中での予定ですので、まだまだ状況次第でどうなるかわかりませんが、政府の施策に期待したいところです。..

お問い合わせ