Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


スリランカはオフシーズンを迎え、各地の有名ホテルは「お手頃価格」で宿泊できるようになっています。

通常の半額近いホテルもあり、今の時期、憧れの有名ホテルに宿泊するチャンス!!

<シギリヤ周辺>2名様1部屋(ツイン又はダブル)ご利用 朝食付き 

*2名様1泊ご料金 (税、サービス料金込み)*2名様の総額です。

•Heritance Kandalama US$185 (~7月15日宿泊まで).....


本年1月1日付にて,在モルディブ日本国大使館が開館しましたのでお知らせします。

在モルディブ日本国大使館(Embassy of Japan in Maldives)

住 所 :8th Floor, Aagé Building, 12 Boduthakurufaanu Magu, Henveiru, Malé, 20094, Republic of Maldives

電 話 :+960-3300087

FAX :+960-3300065


スリランカが日本人の皆様に少しずつ“魅力ある旅先”として知名度を上げるにつれ、「スリランカでアーユルベーダを体験してみたい!」「アーユルベーダ治療のためにスリランカに行きたい!」「アーユルベーダの力を借りて、自身が抱えている体や心の問題を改善したい!」と、アーユルベーダにまつわる、さまざまなお客様のご要望が出てきました。

またスリランカ国内を見ても、ここ数年でアーユルベーダ関係の施設やリゾートが増えたことにも驚かされます。....


くりくりした目、きゃしゃな肢体、小さな体・・・何とも愛らしい生き物「ロリス」がこの小さな楽園に住んでいます。.....

その森では、今まで管理人-“森の見張り番”-の意向により、希望がある専門家だけにロリスとの出会いの機会が提供されてきました。

大自然をこよなく愛するSRIEKOは、その森を「ロリスの住む森」と名付け、今回、”森の見張り番”の特別な協力を得て、はるばるスリランカにいらして下さる日本の皆様にも楽しんで頂くことに致しました。........


≪モルディブに行くなら、スリランカにも寄ってみたい!≫
そんなお客様のご要望にお応えするSrieko Holidays厳選の限定3シリーズ!!
Aシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ文化三角地帯周遊
Bシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ中央高地周遊
Cシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ南海岸周遊
お一人様ご料金 (税、サービス料込み) US$1,980~  
期間 : 2016年05月01日~2016年10月31日まで 


Srieko News


 

皆さんこんにちは。

 

スリランカは南西モンスーンの影響で、海は相変わらず波が高い状況ですが、7月に入り随分気候が安定して、過ごしやすい日が続いています。
7月に入り欧米諸国のバカンスシーズンが始まり、スリランカの各都市も旅行客で賑わってきました。
私たちが住むニゴンボでも、6月は閑散としていた海岸通り(ビーチロード)に欧米人、アジア人の家族連れやカップル、友達同士などが帰ってきました。
いよいよハイシーズンの到来です!!

 

私も週末などは、海辺でビールでも飲んで、サンセットを楽しみたいところなのですが....なかなか思うようにはいきません。
「仕事が絶好調で時間がなく」と言いたいところですが、そうでもなく..実は2週間程前からスーパー、酒屋からビールが消えてしまったのです。
ある日の夕方、いつもの店にビールを買いに行くと、いつもは冷たいビールが美味しそうにたくさん保管されている専用の冷蔵庫(私はマイビアフリッチと呼んでいる)が「カラ」になっているではありませんか....隣にはニヤニヤした店員....店員に尋ねると、シンハラ語で何やらビールがない理由を一生懸命説明してくれているのですが、シンハラ語が分からない私には、何のことやら....とにかく容易なことではないという事は、雰囲気で伝わってきました。
大のビール党の私としては、無いとなると余計飲みたくなるもの!いろいろ探し周ったところ、5つ星のホテルのバーでビールを発見!!早速のどを潤したものです。しかし好みの銘柄は売り切れ、かろうじて人気のない銘柄を飲んだものの、ここ1週間以内に、この人気の無い銘柄まで無くなることは予想に難くありません。
もうここまで来ると、私も意地になります。翌日は早速コロンボ出張の名のもと、ビール確保へ....実は「ニゴンボは田舎だから、ビールの流通が悪く、観光客も増えてきたので供給が追つかないのだ」と勝手に甘い考えを抱いて、スーパーを1件、2件訪問.....なっ無い!ビールを保存しているべき冷蔵庫は、内部を照らす蛍光灯だけが無機質に白く光っているだけのただの箱になってるではありませんか....高速を使ってはるばる買い出しに来たのに....ん~~困った。
最後の砦、アルピコ・コロンボに行ってみたが、結果は同じ。
また隣でニヤニヤしている店員に理由を聞いてみると、流石コロンボ!流ちょうな英語で5月中旬の豪雨と大洪水の影響と説明を受けが、どうも納得いかない.....洪水の影響なら1~2銘柄に限定されるはず、川が氾濫したからというが、スリランカにある全銘柄の工場が同じ川の同じ地域に集中しているのか!?とニヤニヤ店員に更に突っ込みを入れると、いつものように「明日入ってくる」だの「他の店で買えると思う」だのシドロモドロの回答で用を得ないのです。
スリランカの明日=1週間後 1週間後=1~2か月後ですから、私にとっても死活問題です。
ついにその日は、何も収穫がなく、寂しく高速を手ぶらで帰ってきたのでした。

 
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、「ビールは当分ありつけない」と心を決め、夕方の「マイビアフリッチ」通いを休んでいた矢先、つい4~5日前、他の買い物でスーパーをのぞいてみると、少ないですが有るではありませんか....しかし好みの銘柄はやはり無し.....贅沢は言っていられません、「よしよし流通が始まったか」と、とりあえず2~3日分を即買いたのです。
買ったビールも飲み尽くし、そろそろ好みの銘柄が入ってくる頃かと、一昨日、軽い足取りで「マイビアフリッチ」に出かけると、美味しそうに冷えているビールがより取り見取りのはずが....無いのです.....店員はいつものようにニヤニヤしています.....やられた~~スリランカでの鉄則一条を忘れていた~~
スリランカの鉄則一条=欲しい物は有る時に買え!
スリランカの鉄則二条=いつも同じものがあると思うな!!
ということで、一昨日より再びビールを断っているのです。
「ビールは当分ありつけない」と思えば何のことはないのですが、常夏のスリランカ、直ぐに禁断症状が出るのは想像に難くありません。
強がりもいつまで続くか....意志の弱い私としては、そのうち淡い期待を抱いて「マイビアフリッチ」を覗きに行くことでしょう。
もし、女神様がほほ笑めば、即座にスリランカの鉄則一条、二条を厳守、物の確保に走りたいと思います。

 

ところで、みなさん本当の原因は何だと思います。豪雨と大洪水の影響!?いやいやスリランカだけににわかに信じてはいけません....スリランカ人があまりにビール、酒を飲みすぎ、問題を起こすため政府が統制している!?-近いかも
いろいろ考えてみましたが、本当のところは税率の引き上げを巡って、ビール会社と政府との駆け引きがあるのではないでしょうか。

 

そう言えば、もう一つ鉄則がありました。
スリランカの鉄則三条=物がなくなった後、次のロットから価格が上がる!!!
まさにビール会社と政府が仕組んだ価格アップ=税率アップがあぶり絵のように見えてきます。
それでも、スリランカ人はガンガン飲むんでしょうね!
私も負けずに、ガンガンいこうっと!!

2016年7月14日

山倉 義典

 

www.srieko.com も宜しくお願いします。

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.