Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


ご旅行プラン、出張プラン、取材撮影コーディネート等のご相談はSrieko Holidaysにお任せください!

現地旅行会社ならではの、経験と実績、最新の情報をもとに、ご希望に合ったベストプランをご案内いたします。
*** ご旅行 ***
1.ご旅行のプラニング
2.ショッファーサービス
3.アクティビティーアレンジ
4.ホテル手配


1.有名ホテルプロモーション情報
2.Srieko お勧めホテルパッケージ  スリランカ&モルディブ 
3.バワ建築ホテル情報


スリランカが日本人の皆様に少しずつ“魅力ある旅先”として知名度を上げるにつれ、「スリランカでアーユルベーダを体験してみたい!」「アーユルベーダ治療のためにスリランカに行きたい!」「アーユルベーダの力を借りて、自身が抱えている体や心の問題を改善したい!」と、アーユルベーダにまつわる、さまざまなお客様のご要望が出てきました。

またスリランカ国内を見ても、ここ数年でアーユルベーダ関係の施設やリゾートが増えたことにも驚かされます。....


くりくりした目、きゃしゃな肢体、小さな体・・・何とも愛らしい生き物「ロリス」がこの小さな楽園に住んでいます。.....

その森では、今まで管理人-“森の見張り番”-の意向により、希望がある専門家だけにロリスとの出会いの機会が提供されてきました。

大自然をこよなく愛するSRIEKOは、その森を「ロリスの住む森」と名付け、今回、”森の見張り番”の特別な協力を得て、はるばるスリランカにいらして下さる日本の皆様にも楽しんで頂くことに致しました。........


≪モルディブに行くなら、スリランカにも寄ってみたい!≫
そんなお客様のご要望にお応えするSrieko Holidays厳選の限定3シリーズ!!
Aシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ文化三角地帯周遊
Bシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ中央高地周遊
Cシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ南海岸周遊
お一人様ご料金 (税、サービス料込み) US$1,980~  
期間 : 2017年11月01日~2018年04月30日まで 


Srieko News


 

皆様こんにちは。

 

今年は、シーズンオフとはいえ、今までサボっていたツケが廻って来たのか、何だか雑用が多く忙しく過ごしています。

とはいえこの時期こそ、観光地視察の名目で、旅行に出かけるのが我が家の常!?日常を忘れ、リラックスしてこそ、良い仕事ができるというもの...早速予定をたて南海岸ミリッサに行って参りました。

 

空港から150km程南下したこの町は、シロナガスクジラ観覧船が出港する港町、以前「クジラ観察のシーズンがやってきました」の項でご紹介いたしました。モンスーンも弱まり、クジラ観察はそろそろ(11月中旬~4月中旬)シーズン・イン、今回はシロナガスクジラに会えるかなと期待していたのですが、海は大荒れ、曇りがちの天候で、ぽつぽつ雨が降ってくる始末...急きょ予定していたホエールウオッチングの視察を変更し、最近変化が著しいミリッサの街を観察することに予定変更....まずは、犬課長を泊めてくれる内陸の宿にチェックイン!ここまでの道のりは、自宅(空港近く)からミリッサまで、高速を使い通常2時間半程、犬課長同伴の場合、腹が減っただの、足がしびれただのと、いろいろな言い訳を付けて休憩するため(笑)、今回も高速を使っているのにもかかわらず4時間かかり夕方の5時頃到着しました。

 

 

まず街に着いて、なによりもビックリしたのは中国人の人口密度が上がった事でした。ここの海は、波が大きく綺麗なことから、有名なホエールウオッチングに並び知る人ぞ知るサーフポイントとしても知られ、普段はボードを片手にした白人バックパッカーが多いのですが...ここ2年程で、メイン道路沿いに、中華料理店が4~5軒出来ており、更にお寿司を提供してくれるお店まで..内陸にあるゲストハウスの中には中国人が経営しているものもある様です。静かだったホエールウオッチングの港町ミリッサにも刻々と中国のパワーが根付き始めているようです。海岸線は透き通った海に囲まれ特に美しく、南海岸特有の絵になるスポットが多いため、写真好きの中国の人々には良い場所なのかもしれませんね。

 

さて私達は、宿で一休みした後活動開始です。お腹が空いてきたので、犬課長の夜のお散歩を兼ね静かな海岸線に移動、到着時に目をつけておいた、お寿司を提供してくれる中華料理店に直行!サーモンを使った寿司サンドイッチや巻物の他に中華料理数点をお持ち帰り用にオーダーし海辺の砂浜へ散歩に-犬課長は差別を受けており大概レストランに入れてもらえないため、残念ながら食事は毎回お持ち帰りなのです-真っ暗な砂浜に出ると、最近海辺にできたと思われるお洒落なレストランから漏れる薄明かり以外は、波の音がするだけ...犬課長は、波打ち際にたまに現れるカニやヤドカリに興味がある様で左に行ったり右に行ったり...30分程砂浜を散歩した後、お店に戻るとお持ち帰りが出来上がっていました。

 

ここのお寿司は、日本の寿司ではなくファッション寿司として頂くのがコツのようです!味はファッション寿司としては、相当いけるのではないかと思います。ミリッサに2泊しましたが、カレー味に辟易していた私達にとって、まさに天からの恵み!毎日昼食、夕食とこの中華料理店からファッション寿司のお持ち帰りをすることに...。本来いろいろなレストランを視察しなければならないのに、今回の視察ミッションはファッション寿司にあえなく撃沈されたのでした。

 

しかし、今回の宿探しは、かなり苦労しました。視察地は海が綺麗なミリッサであるという事で、前日に砂浜に面した宿を確保すべく十軒ほど電話したのですが、どの宿もお部屋は空いていて従業員の感じは良いのに、「犬が一緒なんです」と言ったとたん、けんもほろろにお断り...笑いながら「冗談ですか?」という宿のあるくらいです...さすがに人気のミリッサ、うううっ結構強気!と思いつつ、海辺はあきらめ妻の助言に従い、仕方なく内陸の宿にターゲットを変更!電話をすると、1軒目、二つ返事でOK!よしよしやっと見つかったという事で、旅支度を始めたのでした。

 

当日、海辺のメインロードから1km程内陸だと聞いていたので、内陸方向に左折してそろそろ到着と思いきや、どうも周りの雰囲気が違います。田んぼと畑が広がりクジャクやオオトカゲなんかも現れます...道を間違ったかな~~と思い宿のご主人に電話を入れると、どうもすぐ近所まで来ているらしい...周りには宿の看板もなく、左には人がやっと登れるくらいの狭い急坂があります。急坂の横に車を駐車し、ご主人を待っていると!...ご主人らしき人がなんとその急坂から降りてくるではありませんか...まさかと思いましたが、確認すると確かにご主人です...そして何事もなく普通に「この坂の上に宿がありますので、車で登ってください」というのです...この急坂斜度は見た目30度以上ありそうです...しかも道幅が狭くて、車が通った様子が無く道は苔むしています...誰が見ても普通の車では無理だとわかります...WEB情報だけで宿を選ぶと、こういう事があるとは分かっていたのですが、まさか自分がハマルとは...とりあえずカタチだけでもと思い、坂道を登ろうとしたのですが、登り口でバンパーが坂にこすります...これは尋常ではない思い、申し訳なかったのですが、ご主人には「私の車では登れないので、宿泊できない」旨を丁寧に伝え、なんとか、ご主人の了解を得たのでした。幸運にも理解のある優しい人柄で良かったです。

 

さて、最優先事項は本日の宿!しかも犬課長を泊めてくれる宿というハードルがあります。海岸線のメインロードの方に引き返しながら、犬課長を泊めてくれそうな、豪華ではないけれど、清潔そうな宿に飛び込んでみました。

こういう場合の交渉は、数々の実績から妻が適任です...私と犬課長は車の中から、交渉の行方を心配そうに見守ります...5分経過...脈はありそうです...妻はお部屋の状態を最終確認して、OKサイン!が出ました。「やった~!!!」犬課長と私は大喜びです。色々ありましたが、やっと犬課長と泊まれる宿を見つける事が出来たのでした。

 

実際泊まってみると、AC付きのお部屋は清潔で、ベッドも悪くなく値段の割に宿泊は快適です。更に3世帯の家族経営のため、アットホームな雰囲気の中、安心して宿泊でき犬課長も大満足でした。

これでまた一軒、犬課長御用達のホテルが見つかりました。次回からミリッサに行くときは、日帰りではなく、安心して宿泊できます。

という事で、重要なミッションは不達でしたが、宿、レストラン共に素晴らしい視察旅行が出来たのではないかと思います。

 

 

安全に旅してこそ楽しい旅行、Srieko Holidaysはいつもお客様の安全を第一に考えて旅行のお手伝いをしています。

*ホエールウオッチング大好評―インド洋を優雅に泳ぐシロナガスクジラに会いに

*森の妖精「ロリスツアー」大好評

*高原列車で紅茶畑&紅茶工場巡り大好評

*「モルディブ水上コテージ&スリランカ旅行パッケージ」好評販売中

 

2017年11月10日

山倉 義典

 

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.