Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


本年1月1日付にて,在モルディブ日本国大使館が開館しましたのでお知らせします。

在モルディブ日本国大使館(Embassy of Japan in Maldives)

住 所 :8th Floor, Aagé Building, 12 Boduthakurufaanu Magu, Henveiru, Malé, 20094, Republic of Maldives

電 話 :+960-3300087

FAX :+960-3300065


スリランカが日本人の皆様に少しずつ“魅力ある旅先”として知名度を上げるにつれ、「スリランカでアーユルベーダを体験してみたい!」「アーユルベーダ治療のためにスリランカに行きたい!」「アーユルベーダの力を借りて、自身が抱えている体や心の問題を改善したい!」と、アーユルベーダにまつわる、さまざまなお客様のご要望が出てきました。

またスリランカ国内を見ても、ここ数年でアーユルベーダ関係の施設やリゾートが増えたことにも驚かされます。....


≪モルディブに行くなら、スリランカにも寄ってみたい!≫
そんなお客様のご要望にお応えするSrieko Holidays厳選の限定3シリーズ!!
Aシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ文化三角地帯周遊
Bシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ中央高地周遊
Cシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ南海岸周遊
お一人様ご料金 (税、サービス料込み) US$1,980~  
期間 : 2015年11月01日~2016年04月30日まで 


<スリランカ政府の規制:クリスマス >

本日、大手ホテルグループに確認したところ、政府からのお達しで12月24日はポヤデー(満月の日)、25日クリスマス休暇(政の規制日)の2日間はレストラン、バーでのお酒のサービスは行わないとの事!!政府の規制なので、ほとんどのホテルがこれに従うと思われます。....


コロンボ国際空港からゴールまで車で2時間!!

といっても、F1顔負けの猛スピードで2時間を達成したわけではありません!スリランカの制限速度を厳格に守り更に安全運転を心掛けて2時間です。
9月中旬に南部高速道路(コロンボ-ゴール線)はKaaduwela-Kadawattaの区間が開通しました。これはコロンボ国際空港とゴールまでの所要時間が大幅に短縮できると考え、本日、自分で運転し確認してきました。....


Srieko News

セイロンティーの最高峰、ゴールドティップ&シルバーティップ


皆様

何かと忙しい師走ですが、いかがお過ごしでしょうか?

今年の冬は暖冬とのこと、雪景色のホワイト・クリスマスとはいかなくても、きれいなイルミネーションが街を飾っている時期ですね。

こちらスリランカは仏教国ですが、都会のコロンボを中心に数年前からクリスマスの飾りつけもそれなりに?!楽しめるようになりました。

しかし今年はクリスマス・イブの24日が仏教のお休みと重なることもあって、昨年までと違って、ホテルやレストランでのクリスマス&クリスマス・イブのパーティーの宣伝はほとんどなく、いたって静かなパーティー・シーズンといえます。そうそう、24日は公共の場では一般にお酒が飲めませんから、この時期にスリランカをご旅行される方は(宿泊するホテルはどうなのか)事前のチェックをお忘れなく!

さて、今回のお話はセイロンティー、スリランカ紅茶の話です。

前回のニュースでも書いた通り、最近までスリランカのお茶がどんなにおいしいものであるか、さほど意識したことはありませんでした。紅茶も飲むけれど、メインはコーヒーと、この国では高いフィルター・コーヒー用の豆をせっせと買ってきていたものでした。

転機となったのは、お客様に頼まれて紅茶専門店を何店舗か訪れたこと。

「せっかくだから、ふだんはスーパーで買っているけれど、私のためにも買って帰りましょう・・」と、高いものから、比較的にリーズナブルなものまで買いだめし、飲み比べてみたことでした。

高いものは、ゴールドティップ、シルバーティップ(ホワイト・ティーと言われることもある)と言われるもので、どこでも買えるというものではありません。

作家の故・開高健氏が中東のお金持ちにセイロンティーを振る舞われたときのことを書いていらして「水のようだ・・」と表現されているのを、かつて読んだことがあり「せっかくスリランカにいるのだから、こうした最高級茶も口にしてみたいものだなあ・・」と、思っていたものです。

ゴールドもシルバーも、「ミルクもお砂糖も入れずに召し上がることをお勧めします・・」と、容器に書いてあります。茶葉は木々の小さな芽を集めたようなもの、もしくは小枝を小さくカットしたようなもので、一般的な紅茶の茶葉のイメージとは少し違います。

「さて、どんなお茶が楽しめるのだろう?」......

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.