Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


ご旅行プラン、出張プラン、取材撮影コーディネート等のご相談はSrieko Holidaysにお任せください!

現地旅行会社ならではの、経験と実績、最新の情報をもとに、ご希望に合ったベストプランをご案内いたします。
*** ご旅行 ***
1.ご旅行のプラニング
2.ショッファーサービス
3.アクティビティーアレンジ
4.ホテル手配


1.有名ホテルプロモーション情報
2.Srieko お勧めホテルパッケージ  スリランカ&モルディブ 
3.バワ建築ホテル情報


スリランカが日本人の皆様に少しずつ“魅力ある旅先”として知名度を上げるにつれ、「スリランカでアーユルベーダを体験してみたい!」「アーユルベーダ治療のためにスリランカに行きたい!」「アーユルベーダの力を借りて、自身が抱えている体や心の問題を改善したい!」と、アーユルベーダにまつわる、さまざまなお客様のご要望が出てきました。

またスリランカ国内を見ても、ここ数年でアーユルベーダ関係の施設やリゾートが増えたことにも驚かされます。....


くりくりした目、きゃしゃな肢体、小さな体・・・何とも愛らしい生き物「ロリス」がこの小さな楽園に住んでいます。.....

その森では、今まで管理人-“森の見張り番”-の意向により、希望がある専門家だけにロリスとの出会いの機会が提供されてきました。

大自然をこよなく愛するSRIEKOは、その森を「ロリスの住む森」と名付け、今回、”森の見張り番”の特別な協力を得て、はるばるスリランカにいらして下さる日本の皆様にも楽しんで頂くことに致しました。........


≪モルディブに行くなら、スリランカにも寄ってみたい!≫
そんなお客様のご要望にお応えするSrieko Holidays厳選の限定3シリーズ!!
Aシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ文化三角地帯周遊
Bシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ中央高地周遊
Cシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ南海岸周遊
お一人様ご料金 (税、サービス料込み) US$1,980~  
期間 : 2017年05月01日~2017年10月31日まで 


Srieko News

海辺にてご機嫌!!@ミリッサ


皆様こんにちは。

 

夏の旅行シーズンも終わり、最近のスリランカは、夏の人混みが幻だったのかと思えるほど静かになりました。私の住む空港近くのリゾート地も、最近は旅行客がパラパラ、クリスマス休暇が始まる12月まで一休みといったところです。例年10月頃からモンスーンも弱まりますので、スリランカに来るなら、ホテル価格が比較的安い10月~11月がお勧めです。

 

さて今回は、私の愛犬自慢!やめなさいと言われようが、何と言われようが、スリランカ・バカ犬No1、犬課長こと村山太郎氏をご紹介したいと思います。

生まれはスリランカの国際空港近くのカターナ、2011年4月2日生まれ、6歳を過ぎたちょっと太めのラブラドールの雌犬で、名前は何故か「村山太郎」..太郎が生まれる前の南ア在住時に、既に近所のおばあちゃんと妻が名前を決めていました(笑)。

弊社Srieko Holidaysの犬課長として、外回りを専門とし、いろいろな所に顔を出しているようですが、毎日直行直帰を繰り返し、忙しそうに見える割には残念ながら営業成績が上がっていません...たまにオフィスに出社しても、寝ている所しか見ないため、弊社の創業者メンバーにも関わらず、未だに昇格の声は掛からず(上昇志向がないようです)

 

しかし、食にはうるさく、外回りでの外食はほとんどせず、朝食、10時のおやつ、昼食、アフタヌーンティー、夕食と1日5食を基本とし、、特に昼食は、毎日妻の作った専用の丼ぶり飯を一気食い!肌のつや、顔色もよく、毛並みもほどほど...夜は、私達の寝室に誰よりも早く上がり、自分専用のベッドに入り込む..私達が寝る頃には、空調の効いた部屋で、既に夢の中...たまに大きな声で寝言を言うので、びっくりして起こされる事があります。まあ、運動(外回り)、食(5食)、十分な睡眠をバランスよく取れているようで、健康そのものと言ってよいでしょう。

 

3年ほど前、真夜中に泥棒が入り、お金を含めいろいろなものを盗まれましたが、その時も、いつものように私達と共に爆睡しており、犬特有の野生の聴覚は働きませんでした...翌日、警察の人が家に来て一言!「これだけ荒らされていれば、少しは物音がしたんでしょうけど...犬は居たんですよね...」これには犬課長、さすがにバツの悪そうな顔をしていました。が、立ち直りの早い犬課長は、間もなく一緒に家に来たハンサムな警察犬が気になる様子...この事件で分かったことは、うちの犬課長は頼りにならない事...早速、セキュリティーカメラを設置しました。(笑)

 

このようにいざという時に、全く頼りにならない犬課長ですが、たまには良い事も。名ボディーガードとして、ニゴンボのある高級ホテルの会員扱い!?を受けています。

見かけは大型犬だけあって威風堂々としたもので、課長をよく知らない人達には、見かけだけで結構恐れられています(笑)。気になる人や犬クン、猫ちゃんには、肩を怒らせて近づいていきますので、かなり怖いのでは...実は鼻をくっつけてクンクンするだけなんですけどね...毎週、ホテルのビーチに出かけ、レストランやビーチのデッキでいつも私達と一緒にいるため、ホテルのウエイターやボーイ、マネージャーも、既に、犬課長=名ボディーガードとして認知しているようです。

 

ビーチリゾート・ニゴンボ育ちの犬課長は、海が大好き!小さい頃から遠出して北はトリンコマリー、南はゴール、キリンダまで足を延ばし海に漬かっているため、泳ぎが大の得意...チビの頃は肌が弱かったため、お医者様から海で泳がせなさいと言われ、毎週週末に海に連れて行ったものです。おかげ様で今では一度泳ぎ始めると、30分以上はザラ...基本は犬かきなのですが、たまにラッコのように腹を上にしてクルッとすることも…太い尻尾で上手にバランスと舵を取りながら、器用に泳ぐものです...もしも犬の競泳大会があったら、結構優秀な成績を収めるのではと期待をしています。今のところ海で出来ないのは、息継ぎと、潜水くらいでしょうか...一緒に泳いでいて私が潜って姿を消すと、なかなか見つける事が出来ません...10m程離れた所に浮上すると、嬉しそうに全速力で泳寄ってきますが、決して一緒に潜ろうとはしません。もし一緒に潜水できれば、アワビやサザエ取りなど犬海女さんにしたいところなのですが...どうでしょうか?

 

国内旅行に出かける時も、いつも一緒、後部座席に陣取り、専用ドライバー(私)、専用ナビゲーター(妻)を従えた、長時間の大名ドライブも平気です。

初めて、ゾウさんに会った時、あまりの大きさにビックリし、尻尾を丸めて大急ぎで車に逃げ帰ったキャンディ(チビだったこともあり、車の中に入っても丸くなって怯えていたっけ)...夜に砂浜を散歩していると、突然ウミガメの赤ちゃんの孵化に出会い、嬉しさのあまり走り回ったトリンコマリー・ウプヴェリビーチ(最初はカニの大群かと...私も初めて出会った経験で大感動でした)...高原地で涼しく、紅茶の里として知られ、太郎さんのお気に入りのお散歩コースがあるヌワラエリヤ(ヌワラエリヤの雨は冷たかろうと、妻が日本から太郎へと可愛いレインコートを買ってきてくれましたが、試着しましたところ体型に合わず、只今ダイエット中)...オフシーズンでも波が静かで透明度が高いミリッサやウナワツナ周辺の課長と探した秘密のポイント(また一緒に行きたいね)...そして次の休みにはどこに一緒に行こうかなと、あれやこれや考えています。

 

「無為徒食」という言葉がぴったりな犬課長こと村山太郎氏ですが、あと何年一緒にいれる事やら...出来るだけ、長生きして欲しいものです。

 

2017年9月10日

山倉 義典

 

 

 

安全に旅してこそ楽しい旅行、Srieko Holidaysはいつもお客様の安全を第一に考えて旅行のお手伝いをしています。

*高原列車で紅茶畑&紅茶工場巡り大好評

*森の妖精「ロリスツアー」大好評

*「バワ建築の世界」巡り大好評(ホテルもお手頃価格にて宿泊可能) 

*「モルディブ水上コテージ&スリランカ旅行パッケージ」好評販売中

 

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.