Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


ご旅行プラン、出張プラン、取材撮影コーディネート等のご相談はSrieko Holidaysにお任せください!

現地旅行会社ならではの、経験と実績、最新の情報をもとに、ご希望に合ったベストプランをご案内いたします。
*** ご旅行 ***
1.ご旅行のプラニング
2.ショッファーサービス
3.アクティビティーアレンジ
4.ホテル手配


1.有名ホテルプロモーション情報
2.Srieko お勧めホテルパッケージ  スリランカ&モルディブ 
3.バワ建築ホテル情報


スリランカが日本人の皆様に少しずつ“魅力ある旅先”として知名度を上げるにつれ、「スリランカでアーユルベーダを体験してみたい!」「アーユルベーダ治療のためにスリランカに行きたい!」「アーユルベーダの力を借りて、自身が抱えている体や心の問題を改善したい!」と、アーユルベーダにまつわる、さまざまなお客様のご要望が出てきました。

またスリランカ国内を見ても、ここ数年でアーユルベーダ関係の施設やリゾートが増えたことにも驚かされます。....


くりくりした目、きゃしゃな肢体、小さな体・・・何とも愛らしい生き物「ロリス」がこの小さな楽園に住んでいます。.....

その森では、今まで管理人-“森の見張り番”-の意向により、希望がある専門家だけにロリスとの出会いの機会が提供されてきました。

大自然をこよなく愛するSRIEKOは、その森を「ロリスの住む森」と名付け、今回、”森の見張り番”の特別な協力を得て、はるばるスリランカにいらして下さる日本の皆様にも楽しんで頂くことに致しました。........


≪モルディブに行くなら、スリランカにも寄ってみたい!≫
そんなお客様のご要望にお応えするSrieko Holidays厳選の限定3シリーズ!!
Aシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ文化三角地帯周遊
Bシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ中央高地周遊
Cシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ南海岸周遊
お一人様ご料金 (税、サービス料込み) US$1,980~  
期間 : 2016年11月01日~2017年04月30日まで 


Srieko News

「犬課長」太郎 スリランカ・ニゴンボビーチにて!!


皆様

 

今年2016年も間もなく終わりを迎えようとしています。

クリスマス・パーティー、忘年会、仕事や家庭の後片付け・・と、寒さなど気にしていられない師走の忙しい毎日をお過ごしのことと思います。

こちら南国スリランカは暑い毎日とはいえ、私の住む南西海岸は今、湿度が低くさわやかな風の吹く一年で一番良い季節。こういう時期が1年の半分、いえ3分の1でよいから続いてくれれば、仕事もはかどるのになあ・・と、愛犬につぶやく毎日。

暑さと闘いながら、旅行会社SRIEKO HOLIDAYSをこの地に立ち上げて早6年目となりました。

私が初めてこの国を訪れたのは1998年、商社マンだった夫と香港駐在だった当時、中国旧正月の旅行先に選んだのがこの国でした。

内戦中であったとはいえ、南西海岸のリゾート地であれば、安全上問題はないと知ったので、ヤシの木の下で、インド洋の風に吹かれながらのんびり読書でもしたい・・と思ったのがその理由でしたが、私が人生で初めて訪れた発展途上国は、「人々の生活は思いのほか貧しい・・」という思いでした。白人の観光客に交じって、日がな一日ホテルのデッキチェアで、のんびりしていることに、罪悪感とでもいうような感情が芽生え始め、「私に何かできることはないか・・」と、この国の貧しい子供達を助けるようになったのが、この国との関わり合いでした。

そんなスリランカは2004年末の津波、2009年の内戦終結を経て、すでに当時とは大きく様変わりしました。

内戦が終わって8年近く、不動産の値段は急騰し、土地成金も増えました。商業都市コロンボ中心部のマンションでは3千万~4千万ルピー(日本円では0.8~0.9かけた金額)はざら、ちょっと土地があると1億ルピーをつけている物件もあります。

もう“貧しい国スリランカ”ではなく、他の国同様、“低所得の国民も多いスリランカ”といえそうですが、政府は富裕層から充分な税金を取ることが出来ず、いまだに他の国の援助やIMFからの借金を当てにしています。

特に中国への依存度は高く、コロンボでの“ポートシティ・プロジェクト”という海を埋めたてて“ファイナンシャル・シティを造る建設の他、南部ハンバントタという街での港湾プロジェクトも進んでいます。

「中国がくしゃみをしたら、こんな小さな国はどうなってしまうのだろう・・」という思いと、「かつて親交の深かった日本と、さらに良い関係を構築することはできなかったのか・・」という疑問が交差します。

この5年間、スリランカを“人と自然、文化が共存する世界に稀に見る国”として、その魅力を日本の皆様に紹介してきました。

歴史的文化遺産の紹介はもちろんのこと、スリランカ沖でのクジラ観察、紅茶畑を走るノスタルジックな高原列車、バワ建築の残る森で小さな小さな生き物・ロリスに会いに行くこと・・、弊社で商品化した当時は、長年旅行業に携わっていたスリランカ人ですら「それって、どこ?・・」などと聞いてきたこともありました。

 

またこの5年間は、スリランカ人からの裏切りの連続ともいえました。その度、何度も「この国を去りたい・・」と言う思いにかられました。でも同様に「あなたにはこの国で頑張ってほしいから・・」と、様々なスリランカ人から助けて頂きました。その度「頑張れるだけやってみよう!この国との出会い、運命を大切にしよう!」と、自分に言い聞かせてきました。

今、日本の皆様の間でスリランカが人気の旅行先の一つに上がってきたことを、「自分もそのことに一役買った。スリランカという国に一助した・・」と自負しています。

“スリランカの貧しい子供を助けること”から始まったこの国との関わり。旅行者という立場から、スリランカ在住者となり、会社を立ち上げ、旅行業を通しこの国に寄与すること。能力や年齢からくる体力等を考えると、自分に合格点を上げてもよいかなと思っています。

そして豊かになっていく今のスリランカで、次に私が目標とすべきことは何だろう?

この国のサービス業の質の向上に寄与すること、仕事を通し、お客様を通し、日々感じる“質のレベル・アップ”が新たな課題だと思っています。

 

 

末尾になりましたが、今年1年SRIEKO HOLIDAYSをご愛顧いただきありがとうございました。来る年もよろしくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎えください。

 

 

www.srieko.com も宜しくお願いします。

                      2016年12月23日

山倉 理恵子

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.