Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


ご旅行プラン、出張プラン、取材撮影コーディネート等のご相談はSrieko Holidaysにお任せください!

現地旅行会社ならではの、経験と実績、最新の情報をもとに、ご希望に合ったベストプランをご案内いたします。
*** ご旅行 ***
1.ご旅行のプラニング
2.ショッファーサービス
3.アクティビティーアレンジ
4.ホテル手配


1.有名ホテルプロモーション情報
2.Srieko お勧めホテルパッケージ  スリランカ&モルディブ 
3.バワ建築ホテル情報


スリランカが日本人の皆様に少しずつ“魅力ある旅先”として知名度を上げるにつれ、「スリランカでアーユルベーダを体験してみたい!」「アーユルベーダ治療のためにスリランカに行きたい!」「アーユルベーダの力を借りて、自身が抱えている体や心の問題を改善したい!」と、アーユルベーダにまつわる、さまざまなお客様のご要望が出てきました。

またスリランカ国内を見ても、ここ数年でアーユルベーダ関係の施設やリゾートが増えたことにも驚かされます。....


くりくりした目、きゃしゃな肢体、小さな体・・・何とも愛らしい生き物「ロリス」がこの小さな楽園に住んでいます。.....

その森では、今まで管理人-“森の見張り番”-の意向により、希望がある専門家だけにロリスとの出会いの機会が提供されてきました。

大自然をこよなく愛するSRIEKOは、その森を「ロリスの住む森」と名付け、今回、”森の見張り番”の特別な協力を得て、はるばるスリランカにいらして下さる日本の皆様にも楽しんで頂くことに致しました。........


≪モルディブに行くなら、スリランカにも寄ってみたい!≫
そんなお客様のご要望にお応えするSrieko Holidays厳選の限定3シリーズ!!
Aシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ文化三角地帯周遊
Bシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ中央高地周遊
Cシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ南海岸周遊
お一人様ご料金 (税、サービス料込み) US$1,980~  
期間 : 2017年05月01日~2017年10月31日まで 


Srieko News


 

皆様こんにちは。

 

日本は、梅雨の時期!湿度が高い中、気温が徐々に上がり不快な気候が続いているのではないでしょうか。九州では大雨が降り、土砂崩れ、洪水のため大きな被害が出ているとのこと、一刻も早い復旧が望まれます。
私の住むスリランカ西海岸は、南西モンスーンの影響で5月~9月の間、海は荒れ、湿度が高くなります。天候的には熱帯のシャワーと呼ばれる猛烈な雨が1^2時間たまに降る程度、日本の梅雨のように一日中雨が降る事はめったにありません。この時期は気温もさほど高くなく、湿度さえ気にならなければ、過ごしやすい季節かも知れません。

 

今回は、「スリランカの今昔について」考えてみました。

 

最近日本、アジアの国々でも注目されてきているスリランカは、古くから欧米諸国人々が多く訪れるバカンス地として有名でした。常夏で海に囲まれたこの国は、太陽と海が大好きな欧米人には絶好の地!特に冬は暖かくて気候が良いため、数か月単位で避寒や、マリーンスポーツに訪れる欧米人が多くいました。
私達がこの地を訪れ始めた20年前は、まだ幹線道路以外は舗装されておらず、牛やヤギがゴミ溜まりにたむろし、その脇では、はだしの子供たちが石を使って道に絵を描いて遊んでいる...もちろん道はおんぼろ車がたまに通る程度ですから安全です。ビーチに出ると長期滞在客がヤシの木のデッキチェアーで日が暮れるまで好きな事をし、道を歩いていても、たまにオート三輪(トゥクトゥク)のオジサンが声を変えてくる程度、食事もライス&カレー、デビルといった伝統的な郷土料理のレストランが中心でした。もちろん何日も東アジア、東南アジア系の人に会う事もなく、帰国時に空港でたまに見かける程度、まさに東アジア人である私達は開拓民のような気持ちを味わったものです。

 

しかし、ここ10年ほどで随分様子が変ってきました。この国もご多分に漏れず、アジア各地で行われている都市化の真っただ中、港湾建設、ビルの建設をはじめ、まだ十分とは言えませんが、コロンボ周辺の主要道路は舗装され、一部高速道路も開通し随分便利になりました。スーパーマーケットには満足とは言えませんが、十分な食料品、雑貨品が並び、購買力も随分上がっています。更に最近は観光客の影響もあり、食も多様化しているようです。空港近くのリゾート地ニゴンボでは、1年半ほど前からシーフードという看板が急激に増え、ねこもしゃくしもシーフード!シーフードを出さない店は、そのうち閉店!?といった勢いです。カレー中心だった昔ながらのレストランも以前からあるチキンカレー、フィッシュカレーに加え、カニカレー、エビカレー、ロブスターカレー等々をメニューに入れお客様対応に追われているようです。(笑)

 

スリランカを訪問する人々も随分変わりました。私の感覚ですが、インド周辺の南アジア人をのぞけば、以前は99%欧米人だった訪問客が、今は東、東南アジア人が3割ほどまで増えている気がします。現にコロンボやニゴンボの繁華街を歩いていると、中国語など東南アジアの言葉が耳に飛び込んできます。コロンボのスーパーなどでは某国の人々が大型バスで乗り付け、iphone片手に爆買!?レジの周辺では段ボール箱を広げ荷造り...といった光景をよく見かけるようになりました。数か月単位でバカンスを過ごす人々はほとんどいなくなり、旅のスタイルも4~5日で観光地を周るスタイルが主流になりつつあります。訪問者の数が増えるのは歓迎なのですが、訪問者数と滞在日数を掛け合わせた数は、実際下がっているのでは?...この辺スリランカ人が分かっているのか!?...最近のホテル空き状況を見ていると、ピークシーズンはオーバーブッキング、ローシーズンは閑古鳥...この状況を見ていると明るい未来は、まだまだ遠いようです。安定的に訪問客があるよう、観光局をはじめとした、政府主要機関が未来を見据えながらスリランカの魅力を考え開発をしていかないと、気が付いた時には、スリランカらしさが薄れた、亡国の都市にそっくりな国になっているのかもしれません...そして誰も訪れなくなった!とならぬよう、今行っている政策も含め、何がスリランカの未来に重要なのか見直すことだと思います。

 

人々が、便利になり、経済的に裕福になることは良いことだと思います。しかし急激な開発により、産業廃棄物、自然破壊、ゴミ処理など多くの問題がクローズアップされてきました。人々の生活は、どんどん忙しなくなり、田舎で育った私としては、これでいいのか?と感じることもしばしば...多分、誰よりものどかなスリランカ人が面食らっているのではないでしょうか!?(笑)
急激に変化しているスリランカ、発展と環境保護を両立させ次の世代に何が残せるのか...そろそろこの国の人達も真剣に考えなければならないのではないでしょうか。

 

www.srieko.com も宜しくお願いします。

2017年7月7日
山倉 義典

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.