Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


1月8日のスリランカ大統領選挙にて政権が変わりましたが、新政権は今までの反省を踏まえ、「法遵守」、「西側諸国との関係改善」を主な政策として動き始めました。

さて、話題のシロナガスクジラ!昨年来、水中撮影に関するお問い合わせを多数いただいておりますが、新政権に移行したことにより、お客様には以下の内容をご案内しています。...


NHKスペシャル「Hot Spot最後の楽園プロローグ」が10月11日19:30~20:45NHK総合で放送されます。プロローグなので一部ですがスリランカが放送されます。スリランカの本放送は2015年3月を予定。

福山雅治さんのナビゲーターで一味違ったスリランカをお楽しみください。.....


本当のスリランカを知りたい!まずは市場調査をSRIEKOで!!
「スリランカってすごいんだね!投資や日系企業の進出ブームだそうじゃないか。昨今の新聞やテレビ、インターネット関係で、取り上げられることが本当に多いよ・・」

とは、友人、知人の弁。

そんな記事をリスクを考慮することなく、鵜呑みにしていませんか?.........


くりくりした目、きゃしゃな肢体、小さな体・・・何とも愛らしい生き物「ロリス」がこの小さな楽園に住んでいます。.....

その森では、今まで管理人-“森の見張り番”-の意向により、希望がある専門家だけにロリスとの出会いの機会が提供されてきました。

大自然をこよなく愛するSRIEKOは、その森を「ロリスの住む森」と名付け、今回、”森の見張り番”の特別な協力を得て、はるばるスリランカにいらして下さる日本の皆様にも楽しんで頂くことに致しました。........


<Srieko Holidays、蒸気機関車SL企画>
“石炭の匂いが蒸気と煙に溶ける瞬間・・。私だけの時代にタイムスリップ!”
<Srirko Holidays、ヴィンテージ列車企画>
“ヴィンテージ列車で旅する黄金海岸、古代都市、世界遺産、野生との出会い・・。 たまらない!!レールの先に広がる私だけの時代。”


Srieko News

デモ行進...大統領選挙前の街の風景!民衆が道路を塞ぎ興奮した状況が伝わってきます。(ニゴンボ)


皆様
早いもので、新たな年2015年は成人式も終わり、月の半分が過ぎました。
日本全国、寒さも一段落したところが多く、”冬来たりなば春遠からじ“の心境でしょうか?
こちらスリランカは新しい年を迎えてすぐに大統領選、その後はローマ法王スリランカご訪問、仏教上の祝日等、「今日はお店や銀行は平日営業かしら?」とカレンダーとにらめっこの毎日が続いています。

さて、今回のタイトルは“英雄について”。
スリランカで英雄と聞いてすぐに頭に思い浮かぶのが、元大統領のジャヤワルダナ氏です。
1952年(調印は1951年)サンフランシスコ講和条約の際、日本が戦争に負け、各国から非難を受ける中、「人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる。人は憎しみによっては憎しみを越える事は出来ない...」と述べ、日本を苦境のどん底から救ってくれた“日本国の恩人”といえる存在です。

もう一人、スリランカの30年にも及ぶ内戦を終わらせたことで、英雄視されるかと思われた人物がいます。が、国民の反感と非難を背に、10年続けた大統領の座を退く結末となりました。その人の名はラジャパクサ氏。
スリランカの憲法を変えてまでの3期目の大統領をもくろんでの選挙戦でしたが、国民の多くが氏を”英雄“とは対極に位置づけた結果でした。
長い内戦が終わりを遂げたことを、喜んでいない一般国民はいません。
30年の間、何度か(内戦は)もうすぐ終わりそうだ・・と言われながら、それが現実とはならない中、ラジャパクサ氏は、確実にそれを成し遂げたのです。
あまりにも多くの一般市民を巻き込んだ終わり方に問題が上がっているにせよ、歴史に残る瞬間を作った大物であることに変わりはありません。
しかし、2期目の大統領選が終わり、「スリランカは海外旅行先としても、また投資でも魅力の国・・」と少しずつ海外に国名を知られるようになってくるのとは裏腹に、国民の大半は物価の急上昇で生活苦に喘いでいました。
一方で街には衣類から電化製品に至るまで、海外ブランドが次々スリランカ上陸、おしゃれなレストランも商業都市のコロンボを中心に次々オープンとなりました。
土地の値段が内戦中とは一桁も変わったことで「貧困層が以前多いのは事実としても、中間層の幅が広がり、富裕層が増えたせい・・」と結論づけるのが自然な見方でした。
しかし次第に様相が変わってきます。新たにできたショッピングビルの中に入ったテナントは次々と撤退、新たにできたレストランも、半年、1年もすると閉店、割引セールの嵐・・。「コロンボだけが購買力をリードしているのだろうか?」......

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.