Srieko Holidays (Pvt) Ltd
スリランカ基本情報
Sri Lanka - Pearl of the Indian Ocean

スリランカとはサンスクリット語で「聖なる光り輝く島」と言う意味。スリが「聖なる」ランカが「光り輝く」の意味で、1972年独立後同時に植民地時代の地名「セイロン」から現在の国名「スリランカ」に戻されました。
手つかずの大自然、果てしなく続くココナツの海岸線、ルビー、サファイアをはじめとする宝石の数々、高原地帯で生産される最高級紅茶、数々の世界遺産、文化遺産、そして気取らない人々の優しさ!!どれを取っても世界最高級です。 未だに手つかずの大自然が残るスリランカはインド洋に浮かぶ“残された楽園”と言ってよいでしょう。

 

仏教の遺跡めぐりはもちろんのこと、夫婦でゆっくり長期バカンスを楽しむもよし、ユネスコ(UNESCO)世界遺産を一巡りするもよし、友達同士でマリンスポーツを楽しむもよし、動物好きは大自然の中でサファリを楽しむもよし、スリランカ滞在中に貴方の中に何か“光り輝く物”が見つけられるはずです。


ご旅行プラン、出張プラン、取材撮影コーディネート等のご相談はSrieko Holidaysにお任せください!

現地旅行会社ならではの、経験と実績、最新の情報をもとに、ご希望に合ったベストプランをご案内いたします。
*** ご旅行 ***
1.ご旅行のプラニング
2.ショッファーサービス
3.アクティビティーアレンジ
4.ホテル手配


1.有名ホテルプロモーション情報
2.Srieko お勧めホテルパッケージ  スリランカ&モルディブ 
3.バワ建築ホテル情報


スリランカが日本人の皆様に少しずつ“魅力ある旅先”として知名度を上げるにつれ、「スリランカでアーユルベーダを体験してみたい!」「アーユルベーダ治療のためにスリランカに行きたい!」「アーユルベーダの力を借りて、自身が抱えている体や心の問題を改善したい!」と、アーユルベーダにまつわる、さまざまなお客様のご要望が出てきました。

またスリランカ国内を見ても、ここ数年でアーユルベーダ関係の施設やリゾートが増えたことにも驚かされます。....


くりくりした目、きゃしゃな肢体、小さな体・・・何とも愛らしい生き物「ロリス」がこの小さな楽園に住んでいます。.....

その森では、今まで管理人-“森の見張り番”-の意向により、希望がある専門家だけにロリスとの出会いの機会が提供されてきました。

大自然をこよなく愛するSRIEKOは、その森を「ロリスの住む森」と名付け、今回、”森の見張り番”の特別な協力を得て、はるばるスリランカにいらして下さる日本の皆様にも楽しんで頂くことに致しました。........


≪モルディブに行くなら、スリランカにも寄ってみたい!≫
そんなお客様のご要望にお応えするSrieko Holidays厳選の限定3シリーズ!!
Aシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ文化三角地帯周遊
Bシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ中央高地周遊
Cシリーズ☞ モルディブ水上コテージ3連泊 & スリランカ南海岸周遊
お一人様ご料金 (税、サービス料込み) US$1,980~  
期間 : 2016年11月01日~2017年04月30日まで 


Srieko News

ハットン近くにあるSt Clairsの滝(ハットン~ヌワラエリヤ間)


皆様こんにちは。

 

日本は桜をはじめ種々の花々が咲き乱れ、春爛漫といったところかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

スリランカは、4月がお正月!!今週は大晦日、正月とスリランカ人にとって一大イベントの一週間、各地で民族大移動となるのです。多くのスリランカ人は、実家に戻り家族と過ごしますが、一部の裕福な人達は、暑さを避けるため家族総出で高原地にバカンスへというのも最近のトレンド!?おかげで、この時期の高現地のホテルは軒並み満室となっています。

というのも、スリランカの4月は、正月とはいえ大変暑いのが恒例、例年3月初旬から暑くなり始め、4月、5月はオーブンの中にいる状態、日中は35度なんてのもザラで、夜はやっと30度を切る程度となれば、年中20度前後の涼しい高原に行きたくなるのも、至極納得できるものです。

更に高原地は涼しいだけではありません!皆さんもご存じのようにスリランカの高原地は、セイロン紅茶の中でも「ハイグローンティー」で知られる高級紅茶の産地になっており、英国植民地時代を彷彿させる、コロニアルな街並みに素敵なホテル...となんとも雰囲気が良いのです。

 

というわけで、私達も「避暑を兼ね快適な環境の中で、質の良い仕事をしよう!!」をスローガンに、今年も一週間ほど高原現地ヌワラエリヤに行ってきました。

今回のルートは、往路 カトゥナヤカ~ルワンウエラ~キトゥルガラ~ハットン~ヌワラエリヤ 復路は ヌワラエリヤ~キャンディ~ニッタンブーワ~カトゥナヤカ...

もちろん犬課長 村山太郎氏も同行です。

家からヌワラエリヤまでは、約180km、時間にすると約6時間の道のり、日が暮れる前にヌワラエリヤに着きたいと思い、朝10時半に家を出発しました。田舎道を適度に飛ばしながら運転、昨年見つけたルワンウエラまでの近道を進むと...あれ~途中から道がない~~地元の人に聞いたところ、工事中で迂回路があるということでそちらへ...ところが行けども行けども風景は山の中へ道が続くのみ、車一台がやっと通り抜けられるスペース...、対向車が来たらどうしようと考えながら運転すること30分…妻と、「対向車来ないね~~」などと話しながら、二人と一匹は少しづつ不安に...「一本道だから道間違えてないよね!」などと独り言を言いながら...たまに、ぽつっと民家があったりすると、「こんな所に人が住んでいるよ」と話しながら、運転すること1時間、依然対向車なし...どうしよう、山に迷い込んだかな!?真綿で首を締めるがごとく不安がつのり、引き返そうかなと思い始めた5分後...正面200m程の所を車が横切っているではありませんか…そのまま進んでいくと交差点です!!よしよし、ルワンウエラにある交差点かな!?と地元の人に確認しましたが、隣町の交差点だったらしく、そこからルワンウエラまで更に30分...結局、迷子にならずに済んだのですが、近道のつもりが...大きな山を二つ超えた超大周り大自然山岳コースになってしまったのでした。

 

幸先悪し、一時間強のロスタイムを何とか挽回せねば!と気合を入れてキトゥルガラに向かっていると、今度は妻と犬課長が、おなかが空いただの、トイレにつれて行けだの、ジュースを買うだの、なかなか運転に集中できません、妻と課長をなだめながら、キトゥルガラの見た目が良さそうなレストランへ、しかし外気温依然35度、良さそうに見えたレストランはエアコンなしのサウナ状態…時間は14時近くになってしまったが、昼食はギブアップして、トイレだけ済ませ、ジュースを買い込み、ハットンまで我慢することに...私の道路選択ミスのせいで遠回りをしたけれど、妻も、課長もけっこう協力的...ありがとう! 更に走ること一時間、ハットンの丘陵にある素敵なレストランに到着、気温24度で快適快適!ただ「さあ食事だ!」といかないのが、私たちの辛いところ...問題は犬課長を入店させてもらえるかどうか!?この交渉は、経験と実績(笑)から妻の仕事となっているのですが、今回の交渉結果は◎ウオームウエルカム!犬課長は、静かで、おとなしいという触れ込みで入店の許可が出たのです。

ハットンのレストランでの昼食は至福のひと時でした。涼しいそよ風、静かな丘陵を眺めながらの食事は課長も私達も、心を満たされ、高原に来たんだなと実感!あっという間の一時間が過ぎ、さあ最後のヌワラエリヤまでのドライブ...美しい紅茶畑を縫いながら進むスカイラインという表現がぴったりくる道なのです。ハットンからヌワラエリヤに抜ける道は、スリランカで一番美しく、私の一番大好きな道...窓を全開にし、あっという間のドライブでヌワラエリヤへ夕暮れ前に着いたのでした。

 

到着は17時半、気温21度。あらかじめ予約しておいた、犬課長OKのホテルにチェックインし、一休みして起きると、周りは既に真っ暗...寒いので、ホテルスタッフに夕食と薪の用意を頼み、暖炉に火が入ると部屋が温まってきました。パチパチと爆ぜる暖炉の横で課長は、すでにうとうと状態(笑)、車には慣れているとはいえ6時間の移動は、課長にとってかなり疲れたようです。妻とワインを傾けて明日の事を話していると...トントン!...食事が運ばれてきたようです。

お部屋のテーブルに、食事の用意をしてもらい、さ~ていただきます!笑えたのは、さっきまで寝ていた課長がいつの間にかお膳についています....課長、さっきまで夢の中だったんじゃないの!?

その晩は、当然のごとく犬課長も宴席に加わり、高原野菜を使った料理に舌鼓を打ち、明日から始まる一週間のヌワラエリヤ滞在の話題で暖炉の火が尽きるまで、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

それからの一週間は、犬課長の朝晩の外回り以外は、その日の気分で訪問先を決める気まぐれ視察を中心に、高原散策を楽しみました。

天然エアコンの中、美味しい紅茶を頂きながら、視察がはかどったことは言うまでもありません。

 

**** ヌワラエリヤでの私達のお勧めの場所。****

ヌワラエリヤ周辺にはハイキングコースが沢山あります。ナチュラリストと周る高原散策は、忘れられない思い出になる事でしょう。
ゴルフコースを囲むように通っている、Grand HotelからHill Clubへの道は、高原散策には鉄板ルート、小鳥の声に耳を傾けながらゆっくりお散歩。
Grand Hotel、Hill Club、St Andrews、Golf Clubの庭は一見の価値あり。お庭でのハイティーは大人気です。
数ある紅茶工場の中でも、Redro紅茶工場のペコは絶品!香りがシャープで、適度の渋み、ハイグローンティーの中でも最高級かも!?
伝統と気品のあるゴルフ場は、綺麗に整備されていてコンペが無い限り、飛び込みでもプレー可能、貸クラブも整い大変便利です。ただしグリーンは砲台のため難易度は高いです。

 

**** ヌワラエリヤへの交通 ****

お車:風光明媚な場所が多く、気に入った場所を自由気ままに訪問するにはお車がベスト。
高原列車:紅茶畑を縫うようにコトコトゆっくり世界遺産中央高原を横断します。
バス:コロンボ~ヌワラエリヤ間はACバスが出ています。
国内線:繁忙期は、コロンボから国内線が運航する時期もあり。所要時間30分(実に便利です)。

**弊社ではお車と高原列車の組み合わせが大人気です。**

 

www.srieko.com も宜しくお願いします。

                      2017年04月14日

山倉 義典

もっと知りたい!スリランカ・ニュース »

社長挨拶
yoshinori yamakura - managing director

ようこそ SRIEKO HOLIDAYS WEB (スリーエコ・ホリデーズ・ウェッブ)サイトへ!!

弊社はスリランカ観光局、及び経済相による投資委員会(BOI)が承認するスリランカで初めての、日本人による旅行会社です。

「光り輝く聖なる島」として知られるSri Lanka(スリランカ)の魅力をありのまま丸ごと皆様にご紹介するお手伝いをしたいと思いSRIEKO HOLIDAYS(スリーエコ・ホリデーズ)を創業いたしました。

スリランカの魅力は「手付かずの大自然」「世界的に貴重な文化遺産」「純粋な人々の笑顔」等々、我々が都会生活で忘れかけているものばかり、本当の癒しの空間がそこに広がっていると言っても過言ではないでしょう。
是非時間をつくってスリランカへ心も体も癒しにいらして下さい。そして私達のエコツアーを通して、素晴らしいスリランカを体験してみて下さい。

弊社では、ツアーやホテル及び車の手配等、各種手配は勿論の事、ご旅行に関する相談事等も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


代表取締役社長 山倉 義典

Copyright © Srieko Holidays (Pvt) Ltd, All Rights Reserved.